日の出を迎える
 富士山頂上で日の出を迎える

日時・天候・ランク
2015年8月22日(土)~23日(日)  晴 8人  B-B-8
コースタイム
【集合場所】御殿場駅8:00
御殿場駅 8:10 ---
8:50 五合目9:20    ・・・ 11:00休2720P 11:10 ・・・ 12:30 七合目 12:50 ・・・
13:55 八合目 ・・・ 14:05 休3300P14:15 ・・・ 15:15 九合目(万年雪山荘)
【2日目】
山荘 2:30 ・・・ 3:30九合五勺 3:40 ・・・ 4:35 頂上5:15 ・・・
お鉢めぐり 5:15 ・・・   7:20 頂上下山口 7:30 ・・・
7:55 九合五勺 8:05 ・・・ 8:25 九合目 8:30 ・・・  9:45 元祖七合目 10:05 ・・・  10:35
新七合目 10:45 ・・・11:30 六合目 11:35 ・・・
12:00 五合目 12:30 --- 14:10 富士駅【解散場所】富士駅14:10
記  事 夏休み終盤、土曜日の為、宿も登山道も大混雑でした。
~ 山 行 記 ~
 村山古道の起点は田子の浦海岸から新六合目までとされていますが、海岸で汲んだ海水を浅間大社奥宮に返納するため番外編として一泊二日で頂上まで登ることにした。

初日はシーズン終わりの週末に近いせいか、登山口の五合目から老若男女を交え大勢の登山者と列をなして歩くことになった。午後の早い時間に今夜のお宿、 九合目万年雪山荘に到着した。明朝の早立ちに備えて早々に就寝、すし詰めの布団を覚悟していたが、3人で敷き布団2枚、掛け布団3枚の割り当てで熟睡でき ました。

翌朝は山頂での日の出に間に合うよう2時半に出発、登山道は同じ思いの登山者で大渋滞、なんとか5時の日の出に間に合った。このあと奥宮の鳥居の根元に 田子ノ浦で汲んだ海水を注いだあとお鉢巡りに出発。剣ヶ峰へは登り下りの登山者で此処も大渋滞、1時間はかかると判断し、パスして進む。途中雲海に映る影 富士、火口壁の荒々しさを見ながらお鉢巡りを終え下山した。

五合目登山口 出発直後の登山者の列 五合目登山口 出発直後の登山者の列 今夜の宿九合目万年雪山荘横で 頂上、日の出前の朝焼け 今夜の宿九合目万年雪山荘横で 頂上、日の出前の朝焼け 山頂奥宮に田子ノ浦の海水をご返杯 お鉢巡り途中、剣ヶ峰をバックに 山頂奥宮に田子ノ浦の海水をご返杯 お鉢巡り途中、剣ヶ峰をバックに 早朝の影富士 早朝の雲海 早朝の影富士 早朝の雲海 山頂の火口壁 お鉢巡り 山頂の火口壁 お鉢巡り