日時・天候・ランク

4月 30日(土曜日)  B-C-9:00  晴れ/昼頃 ガス・風  参加者 22名

コースタイム

集合 橋本駅改札 6:30     解散 大倉バス停 18:20

橋本駅 6:30≡ 7:20 平丸登山口 7:35…8:35 標高940M付近 8:40…9:10 平丸分岐 9:15…9:43 青根分岐…10:25 姫次 10:35…11:35 標高1450M付近 11:40…12:15 蛭ケ岳 12:30…12:57 鬼ヶ岩 …13:30 休憩舎 13:40…14:15 丹沢山 14:20…15:25 塔ノ岳 15:45…16:42 堀山の家 16:47…18:17 大倉バス停

歩行時間 9時間30分      休憩時間 1時間15分

山行記

丹沢主脈、花山行。
この山行のお目当ては、蛭が岳から丹沢山かけて、殊に鬼が岩から不動の峰に沢山見られるコイワザクラと、キクザキイチゲだ。
果たしてお目当ては叶うのか。

ゴールデンウイークに入ったと言うのに、寒気が入り込んで昨日は北海道で雪が降った。
今日の丹沢は気温は低いが、天候はまずまず。稜線では風も無いとの予報を期待して、登り始めた。
平丸の登山口では連休中の土曜日とあって、当パーティの他にも次々と登山者がやって来る。
主脈は大盛況だ。
登山口で準備をしていたら、一人、ヒルに喰いつかれた。
広場の端の、落ち葉の上にザックを置いていたのが災いした。
指先に喰いついたのを、塩をかけて退治。事なきを得たが、早速のヒル攻撃に戦々恐々だ。
登山道は沢沿いのルートから入って、スギ、ヒノキの植林の山腹を登ってゆく。
九十九折の登山道が続くが、歩きやすい道だ。聞こえてくる小鳥のさえずりも心地よい。
やがて、カラマツ林の間に富士山を眺めながら高度を上げて、平丸分岐に到着。
ここで東海自然歩道と合流。この道は整備の行き届いた気持ちの良い道だ。
黍殻山を仰ぎ見て、トラバース道を進む。
大平分岐の先に黍殻避難小屋が見えてくる。
新しい小屋で、中は綺麗だとのこと。遠目にも、窓から見える内部のすっきりとした様子が伺えた。
緩やかに高度を上げながら、芽吹きのブナ林やカラマツ林の中の開放的な道を行く。
そこかしこの満開の桜を楽しみながら、左手に丹沢山、丹沢三峰を遠望しつつ姫次に至る。
姫次は展望の開けた場所だ。檜洞のガレた北斜面が見え、左手の蛭ヶ岳へと続く稜線が一望できる。
姫次からの下りは崩壊が進んでいる。それでも、整備がしっかりとされているお蔭で安心して歩ける。
やがて緩やかな下降になり、緩やかに登り返し原小屋平に至る。
ここにはかつて山小屋が有った。明るく開けた場所だ。
足元の小さな白い花をみつけた。ツルシロカネソウだと教えてもらう。この愛らしい花たちを散見しながらの歩きは楽しい。
蛭ヶ岳の尾根に入って、アズマイチゲが散見されてくる。高度を上げて、お目当てのコイワザクラ。薄紫色が綺麗なキクザキイチゲ。次々と花に出会う。開花の時期もドンピシャだ。
蛭ヶ岳手前のガレが見えて、これが隠れピーク。
馬酔木の林を抜けて、本峰はその先に大きく座していた。蛭までジグザグに階段が続く。
山頂には多くの登山者がいた。が、ガスで展望は無し。ここで大休憩だが、寒い。風もあって、予報とは大分天気が違う。昨夜の天気予想図では高気圧が2個あった。その気圧の谷間が通過しているのかななどと思いながら、そそくさと昼食。
丹沢山まではガスの中だ。ここは相模湾からの風の通り道なのだろう、いつも風が強い。下に沢を望む、風衝草原とでも言えそうな笹原のルート。ガスが無ければ、気持ちの良い展望があるのだが。
鬼ヶ岩を過ぎ、休憩所で寒風を除けて小休止。ここで上着を一枚着込んだ。
丹沢山山頂も賑わっていた。小休止をして塔ノ岳へ。
稜線に樹木が見え始め、満開のマメザクラがあちらこちらに。いつの間にかガスも薄くなってきた。
塔ノ岳到着15時25分。まだ山頂には多くの人がいる。ここにも連休の賑わいの余韻がある。
お馴染みの山頂でゆっくりめに休憩して、お馴染みの道を下山開始だ。
花立辺りからは青空の下、眼下に秦野の街が一望できた。
この景色はいつ見ても気持ちが良い。

蛭ヶ岳の山頂ではガスで展望は望めなかったが、花山行のお目当てだったコイワザクラを始め、キクザキイチゲ、アズマイチゲ。満開のマメザクラとミツバツツとツルシロカネソウ。沢山の花々に出会った。
開花の時期にも丁度良かった。
今年はこれまでで一番花が多かった印象とは、このルートを何回か催行しているリーダーの感想だ。
長丁場だったが、愛らしい花々を眺めながらの山行は充分に楽しいものだった。