山行情報・担当者

日時:12月22日(木)  天候:晴れ  ランク:C-C-6  参加:11名
山行担当:CL2503 SL3151
記録担当:文責3342 記録、写真、作成2751

コースタイム

神縄トンネルBS 8:10…9:58 日景山 10:07…10:12 南下ルート分岐…10:33 P687…10:50 林道出合…11:08 八丁・みやざわ橋 11:20…皆瀬川渡渉…12:05 防火帯出合 12:10…12:23 ホギリ山神…12:46 オオタ沢渡渉…13:39 高松山登山道出合…14:55 山北駅

 日景山南下ルートmap

山行記

参加者11名。谷峨駅から7時41分発のバスに乗車し、神縄トンネルBSで下車。トンネル横から登り始める。いきなりの急登。曇天だが汗ばむ。天気予報では午後あたりから小雨とのこと。丹沢湖を左眼下に見ながら、大野山への分岐を右に見送って日影山に向かう。竹藪を掻き分け鹿柵沿いに歩を進める。倒木帯を越え、しばらくすると南方のP687に延びる尾根がある。八丁へのバリエーション道はここからとなるが、先ず300mほど北上し、日影山(ブッツェ平)に立つ。

一休み後、戻ってこの山行のハイライトである八丁への下り道に踏み込む。P687から先、送電線を過ぎ道が不明瞭になる。進路を確認しながら尾根を南下すると県道725号が現れ、みやざわ橋脇に出る。この先は雨が予想されるので、途中では昼食時間が取れないかもしれない。適宜、行動食をとる。

小休止後、面前の茶畑の横から皆瀬川に下る。慎重に渡渉の上、薄い踏み跡を辿って南東に向かって急登すると、人遠橋からの尾根に合わさる。この後は急降下のバリエーション道であり、あらためて気を引き締める。途中、ホギリの山神を拝み、P428方向に更に南下。落葉で滑りやすい。オオダ沢を渡渉し、左のかすかな踏み跡を登って行くと、やっとP428に到着。東に方向転換し、高松山に通じる道を目指す。最後のバリエーション道だ。ポツポツと小雨を感じながら一般道に合流し、ホッとする。雨具を着て小雨の中をひたすら山北駅へと歩き、15時前に駅で解散となる。

気が抜けず緊張の連続であったが、バリエーション道を満喫でき、充実した山行であった。