山行情報・担当者

日時:2017年4月2日(日)  天候:晴・曇  集合場所:新逗子駅南口 8:50  参加者:12名
山行担当者:CL2581 SL:1841,2459  文責・写真:2459

コース

新逗子駅(9:10)…桜山団地…川久保…森戸林道…(11:20)中尾根…(13:05)乳頭山…(13:30)沢沿いの道…大沢谷…(15:10)境橋BS        歩行時間:4:00

地図は森戸林道以降は二子山山系自然保護協議会のものが使える。みろく山の会の会員はホームページ会員用に三浦アルプス地図がある。

記事

大沢谷のニリンソウ群生が見たくて出かけた。本来は前日の予定であったが雨になったために一日遅らせて山行をした。
参加希望者は当初32人だったが翌日都合のつく人で実施。
 

駅前に予定時間に集合、駅前南側の田越川の赤い橋を渡り川沿いに住宅街に入る。

住宅街から桜山団地に向う生活道のような、登山道のような階段がある。


気持ち良い散歩道だ。 花も咲いてる。

桜山団地からは相模湾・江の島の眺望があり、付近には春の草花も沢山あるので一休み。

団地の北側に川久保方面に下る階段がある。

長柄の住宅街に入り、御霊神社で小休止、 砲弾を利用した忠霊塔は戦争の悲劇を思わせ、複雑な気持ちになる。

川久保の交差点を渡り、森戸川に沿って進む


 

町のはずれのお地蔵さん!お世話になります。 2分咲きの桜もお出迎え!

菜の花も満開! 森戸川沿いに進む。

森戸林道のゲートを過ぎ、沢山の花が道のわきに咲いていて、うれしい。


森戸林道をゆっくり楽しみながら奥に進む。


杉林を過ぎ、林道終点に着いたので小休止。

林道終点から川を渡りすぐに中尾根に取りつく。

中尾根では春蘭が待っていてくれた。よく注意するとかなりの株があるようだ。 他の花も多い。


中尾根に手ごろなスペースがあったので昼食をとる。 ポカポカ陽気になったので快適なランチタイム。


今年初めて見た山吹。中尾根をドンドン進む。


 

 

 

 

 

中尾根も終わり近い、乳頭山が目前、 東京湾も見える。


 


乳頭山は今日も風が吹き抜けている。立ち休みして通過、 畠山方面に向う。

沢沿いの道への分岐へ向かう。


大沢へ突入だ。源流らしい感じがする。

沢の中の方が歩きやすい。昨日の雨で水量はやや多い。


倒木が何度か行く手をはばむ。アスレチックのような感じ。水量も増え川の端を歩く。


本日の目的であるニリン草の群生地帯に入るともうそろそろ出口が近い。 チョット花は少ないが充分満足


しばしの間、素朴な花を鑑賞し、カメラに収めて通過


モミジの新芽が目に優しい。 この辺りはイノシシがいると聞くが捕獲の仕掛けが設置されていた。


境橋手前の平坦地で下山のストレッチをし、リーダーの話を聞いて解散、
バス停は道路に出るとすぐ前にある。花がいっぱい、スリルも少しある一日でした。