山行情報

【日時】2017年8月10日(木)~15日(火)
【メンバー】6名:CL3339(HH),SL3256(MA),SL3420(HT),3060(YT),3063(YI),3338(NN)
【文責】3339(HH)
【写真】3060(YT),3256(MA),3339(HH)
【備考】会山行No323上の廊下(D-D-11)が現地での状況により転進した行き当たりばったりの個人山行です。

コース概略

全歩行距離約64km
○8/10(木) 
・新宿西口BT(23:00発が遅れて出発) MAさんは竹橋より、他は新宿で集合

○8/11(金) 晴れ 気温28度、水温14度、夜雨 行動時間約5.5時間 休息約1.5時間(渡し舟待ち時間含む)
・扇沢BT(5:00頃/6:30)=トローリバス=黒部ダム(6:45/7:05)…平の渡し場(10:45/12:05)=対岸(12:20)…奥黒部ヒュッテ(14:05)泊

○8/12(土) 午前中曇り時々雨→午後曇り 行動時間約5.5時間
・奥黒部ヒュッテ(7:05)…東沢谷入渓(7:20)…東沢谷出渓(11:00)…読売新道に合流(12:00/12:05)…奥黒部ヒュッテ(12:40)泊

○8/13(日) 晴れ 行動時間約10.5時間 休息約1.5時間(温泉含む)
・奥黒部ヒュッテ(5:00)…赤牛岳標高2864m(10:55/11:25)…温泉沢の頭(13:35)…高天原温泉(16:05/16:50)…高天原山荘(17:10)泊

○8/14(月) 晴れ 行動時間約9時間 休息約2.0時間
・高天原山荘(6:00)…雲ノ平山荘(8:35/9:05)…祖父岳標高2825m(10:20/10:35)…黒部源流碑(12:10)…三俣蓮華岳キャンプ場(12:40/13:05)…双六小屋(15:05/15:20)…鏡平山荘(16:55)泊

○8/15(火) 曇り時々小雨 行動時間約2.5時間 休息0.5時間
・鏡平山荘(5:50)…わさび平小屋(7:35/7:50)…新穂高温泉駅(8:40)で解散。
4名(YT,YI,MA,HH)は⇒=平湯BT=松本駅(13:47)=新宿駅(16:34)、他は温泉でまったりと。

○平面図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


○断面図

感想

沢愛好者のあこがれのまと「上の廊下(かみのろうか)」に行ってきた。と言っても最初の渡渉地点までとなった。
この計画のために3回の訓練をメンバーで実施した。
今年5月の丹沢玄倉川中流(くろくらがわ)、6月の大菩薩嶺小室川谷(こむろがわたに)、7月の奥多摩丹波川本流&一之瀬川本流だ。ある程度の対策を練って臨んだ。
しかし史上2番目の長寿台風5号や直前の雨の影響が強すぎた。
前日そして早朝に遡行の可能性はないかとメンバーと下見を重ねた。最初の渡渉場所は行けそうに思えた。
しかし、一度突入すると距離は長く、エスケープは困難なコース。
小屋では黒部の著作で有名なガイドの志水哲也さんとたまたま一緒だった。
山と渓谷社の「上の廊下」DVDを幸運にも直接本人の声を聞きながら見ることができた。
「この時は異常渇水で平年の60%の水量」とのこと。このDVDをあてにしてはいけない。
また
「今年は水量が多い、この状況で突破できるのは日本で2~3パーティぐらいか?」
われわれはそんな猛者のパーティ???平均年齢59歳の中高年パーティだ!

協議のうえ、結局お隣の東沢谷に転進した。
だが志水さんいわく、「上の廊下がだめだから東谷沢への転進は甘い」とのこと。
実際そのとおりだった。小雨のなか、なかなか水量が減らず、核心をほぼ越えたところでエスケープした。
ちょうどその頃、尾根をへだてた上の廊下側で死亡事故が発生した。
4~5日前に入渓した3人パーティで、撤退途中の小屋まであと500mのところだったらしい。
ヒュッテで救助要請に戻ったリーダーらしき人がいた。よく2次災害にならず戻れたと思う。
死亡した人はへつり途中で落ちて水流に巻き込まれた模様。約40分蘇生措置をしたがだめだった。
私も学生の時、クラブの同期が山で遭難死した。そのあとがとても大変だったのを思い出す。
救助要請者は最初は泣いていて、さらに今後のことを思うととても気の毒だった。

さてこのあとだが、このまま戻るか、どこかに寄るか?
最近「先は長くないし、もう2度来ることはないかも…」が口癖のYTさん。
このあたりを熟知しているNNさん&HTさん。
縦走に邪魔な沢泊装備を背負いながらも昭文社コースタイムの70%で先頭をリードしていくMAさん。
お盆の混雑時でも巧みな交渉力で小屋の手配と快適さを確保してくれたYIさん。
これらのメンバーのおかげで、その日ごとにコースを決定して北アルプスのおいしい所を巡って南下した。
天候に恵まれ、楽しい個人山行となった。

最後に「上の廊下」は「神の廊下」。神様のご機嫌がよければいつか通してくれるかな?!

写真

○8/11(金) 

○8/12(土)

○8/13(日)

○8/14(月)

 

○8/15(火)

 〇おまけ 訓練山行 第1回5/27西丹沢玄倉川、第2回6/17~18大菩薩嶺小室川谷、第3回7/22~23奥秩父丹波川本流&一ノ瀬川本流