降り立った広河原は、四方を見事に紅葉した山裾に囲まれていました。

山行情報

日時:2017/11/12(日) 天候:晴れ
ランク:C-C-6:30 参加者:12名
山行担当:CL:3217、SL:3418、3060、2860
山行記:3398
写真:3217(写真コメント)、3224、2860

コースタイム

日蔭沢橋8:20…曲橋8:55…(11:15)P1148(11:45)…12:30地蔵岳12:50…(13:35)P1159(13:40)…14:30馬酔木平14:35…岩水沢出合15:25…神之川林道15:45…16:30日蔭沢橋
歩行7:10 休憩1:00

山行記

好天のもと、神ノ川沿いの林道を通って日影沢橋の駐車場に着いたのは8時前。駐車場は川釣りの人等で混んでいた。

トンネル2カ所を抜けて林道を歩き、途中から急坂を河原に降り飛び石伝いに渡渉後、向かいの尾根に。
取り付きによくある急登を過ぎたものの、傾斜はゆるまない。木の根や立ち木をつかむ歩行の後たどりついたP1148で、蛭ヶ岳を眺めながらランチ。予定の12時半には主脈縦走路一歩手前の目的地、地蔵岳に着く。

暫らく休んだ後、いよいよ地蔵尾根の下りである。西丹沢の登山詳細図には「下部は登攀的要素、降りは要注意」、ネット上の山レポには「下るな!悪路」とある。実際その通りの急降下で、落石も頻繁。沢に降り立つ直前は、長い固定ロープのある急傾斜の岩だった。予定を少し過ぎた16時30分、駐車場に戻る。

「これがB山行?」と思いつつ、足の揃ったメンバーとともに北丹沢の静けさと紅葉を楽しみ、みろくの山行の「未経験の一面」に触れた大満足の一日だった。

写真

写真の上でクリックするとスライドショーになります。