三斗小屋温泉に向かう

三斗小屋温泉に向かう

山行情報

日時  :2018/10/16~10/17  ランク:B-B 6:00 参加:17名
山行担当:CL 3439  SL 3080 2901
記録担当:文責 3509 地図 3080 記録 3439
     写真 3439 3080 3509 2009

コースタイム

1日目
那須山麓駐車場11:00…11:47峰の茶屋跡避難小屋12:10…12:50茶臼岳13:00…13:30峰の茶屋跡避難小屋13:35…14:10朝日岳分岐14:15…14:45隠居倉14:55…15:40三斗小屋・煙草屋

2日目
三斗小屋・煙草屋7:25…09:10大峠9:20…11:05三本槍岳11:30…12:23赤面分岐下12:30…14:15北温泉駐車場

那須岳周遊ルート図

那須岳地図

那須岳地図

那須岳断面図

山行記

栃木県那須岳は主峰茶臼山をはじめとする複数火山の総称である。百名山、紅葉、温泉を同時に味わえる美味しい?山行で天気予報もまずまずとあって、17名を乗せたバスの中はワクワク感が高まる。登山口にある峠の茶屋スタッフから「紅葉は一週間前に終わったよ」の声を聞くが、イヤイヤ、登るにつれ山々全体が紅葉の残照に包まれているようで全く飽きることはなかった。

まずは茶臼岳1915m、名前の通りどっしりした灰色の姿で白い噴煙を上げている。途中幼稚園年長さんの遠足組とすれ違いハイタッチ、みんな頭にお揃いのタオルを巻いてカッコイイ!彼らの軽い足さばきにこちらが元気をもらい、我々も続いて登頂。

次に北隣の岩稜朝日岳を抜け、400mほど下って宿泊地、三斗小屋温泉へ。下るに従い紅葉がどんどん濃くなるのが分かった。

秘湯三斗小屋温泉には煙草屋・大黒屋と二軒の宿があり、今回は開放的な露天風呂が魅力の煙草屋に宿泊した。到着後すぐは女性専用タイムで、女性陣は遮るものが何もない白濁の露天風呂に飛び込み「最高!」を連発する。明るい空の下、遠く山を眺めつつ紅葉の露天風呂...至福の時間だった。

二日目は霧曇り。大峠まで渡渉あり鎖場ありの変化をクリア、出発から4時間で那須岳最高峰1917m三本槍岳に到着。午後から雨予報だったため手早く昼食をすませ下山開始すると、逆にぐんぐん青空が広がって歓声が上がる。その先長い長い「中の大倉尾根」を下り、十分に見応えある紅葉を愛でつつ全員無事にゴールとなった。

今年の夏は毎週のように台風に振り回された。消化不良の我々の心を確かに埋めてくれた、素晴らしい那須の山旅だった。

写真の上でクリックするとスライドショーになります。