生涯登山を目指し、オールラウンドの山行を実施しています。

三浦アルプス


大楠山からの展望 高橋昌嗣 画

解説、位置、ルート、自然について

解説位置ルート自然

三浦アルプスは、大半は、逗子市、葉山町に属し、一部は横須賀市にまたがっています。
三浦半島の地図でみると、逗葉新道と県道横須賀葉山線にはさまれた広大な丘陵地帯で、この丘陵の中に、阿部倉山(156m)・二子山(207m)・仙元山(117m)・畠山(205m)の名前がみられます。丘陵地帯のなかを森戸川が流れています。
二子山や仙元山周辺には、かなり以前からハイキングコースが整備されていて、多くのハイカーに親しまれてきました。

この丘陵地帯には、前述したように二子山と仙元山のハイキングコースがありましたが、丘陵地帯全部を網羅する登山道はありませんでした。大変複雑な地形なため、足を踏み入れても迷いやすいため、地元の人達のあいだでは「入山しない方が良い」と、言われるほどでした。

1984年に、みろく山の会の高橋昌嗣、木村忠美会員が仙元山ハイキングコースから森戸川南面の丘陵地帯を踏破し二子山ハイキングコース、阿部倉山へ抜け るコースの開拓にあたりました。二人は1/25000の地形図をたよりに忠実に稜線をたどりました。当時はヤブが生い茂り、大変なヤブこぎをよぎなくされ ました。方面が分らなくなると木によじ登り、尾根のつながりを確認するという状況でした。
1回目は通称乳頭山まで行きましたが、森戸川源流へ迷い込み失敗、2回目に二子山まで行き着き、U字型の三浦アルプスの基本コースが開拓されました。1985年4月6日に、みろく山の会の山行で高橋昌嗣リーダーにより「三浦アルプスお花見山行」という名称で、はじめての山行が行われました。初期の三浦アルプス山行には、ヤブこぎのためゴーグル持参となっていました。以後、乳頭山から田浦へ抜けるコースや畠山、塚山公園へ抜けるコ-スなどが次々に開拓されました。

当初はみろく山の会のなかで「三浦アルプス」という名称は通っていましたが。最近ではこの一帯の丘陵地帯が、多くの人によって「三浦アルプス」として呼ば れるようになりました。多くの人の入山により、登山道もはっきりしたものになり、道標なども整備されてきました。逗子市、葉山町消防署により、位置確認ナ ンバーの取り付けが行われました。

2004年2月には、みろく山の会富永邦雄会員により詳しい概念図も作成されました。


逗子市の池子の森、三浦アルプス一帯、大楠山周辺の森、三浦富士(武山)周辺、小網代の森は、三浦半島に残された貴重な森です。

昔は薪や肥料を得るために地元の農家の人達が入山したようですが、最近は薪取りなどもなくなり、数十年も放置されているため原生林のような状態になっています。

春先には、サンコウチョウやオオルリ・ホトトギスなど渡り鳥の姿を見る事ができます。タヌキやタイワンリス、ノウサギなどの哺乳類も多く生息しています。 森戸川では、アブラハヤやオイカワ、ハゼなどの魚類、夏にはホタルも見ることができます。首都圏に近い所に残された貴重な自然に恵まれた森です。

標高は高くありませんが、小さな頂きがたくさんあり、アップダウンの繰り返しは、まさにアルプスの感があり、里山歩きにうってつけです。

横浜の南に、豊かな自然が残っている事は余り知られていません。
逗子と葉山の山塊に位置し、森戸川の源流の発する山塊です。
手付かずの自然の証拠に、この山塊には ”三光鳥” が東南アジアから渡って来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登山道の殆どが、明治27年の陸地測量部の地図に載っており江戸時代からの生活道であったことが窺えます。従来の頻繁であった生活道は歩き易く、新しくつけられた道は、急で滑り易い所がしばしば見られます。
三浦半島は、特有の三浦層土で出来ている為に、雨が降ると非常に滑り易く、雨の後はコースを選んだ方が良いでしょう。


≪交通アクセス≫

R横浜駅より京浜急行を利用。京浜急行新逗子駅下車、新逗子駅~長柄(京浜急行バス
桜庭団地経由(40分)  六代御前経由(50分)  桜山トンネル経由(25分)
お勧め―――六代御前から登るコースで、登り始めから静かな山歩きが楽しめ、展望台からは
江ノ島や富士山を眺めることが出来、古墳を見て太古を偲ぶことが出来ます。

おすすめコース!

コ  ー  ス 新逗子駅・・・六代御所・・・古墳・・・長柄・・・鬼ヶ作谷・・・二子山・・・森戸林道奥・・・中尾根・・乳頭山・・・港ヶ丘団地・・・京急田浦駅
歩 行 時 間 4時間20分
特      記 古墳  国史跡に指定され、第一号・第二号の二つの前方後円墳がある。

 

コ  ー  ス バス停・・・風早橋・・・仙元公園・・・馬頭観音・・・鉄塔・・・畠山・・・塚山公園・・・京急安針塚駅
歩 行 時 間 5時間
特      記 仙元山 山桜が山一面に咲く。  塚山公園 吉野桜がきれい。
桜が咲く頃は、登り始めと終わりに桜見物が出来る。秋には、どんぐり並木の所は一面どんぐりが敷きつめた上を歩ける。歩き出してすぐ、ちょっと長い階段がある。又、適度のアップダウンのあるコース。

 

コ  ー  ス JR東逗子駅・・・神武寺・・・鷹取山・・・沼間・・・馬頭観音・・・リスの谷・・・塚山公園
歩 行 時 間 4時間55分
特      記 鷹取山(太田道潅がこの山でタカ狩りしたのでこの山名がつく)はクライマーの練習場。

 

コ  ー  ス 新逗子駅・・・川久保・・・二子山・・・森戸川本流・・・乳頭山…大沢谷・・・境橋バス停
歩 行 時 間 4時間30分
特      記 花を楽しむコースで4月に行くと花もきれいに咲いています。特に二輪草の群生は抜群です。
大沢谷は川の中も歩きますので前日雨の時は注意が必要です。

 

コ  ー  ス 新逗子駅・・・六代御所・・・古墳・・・長柄・・・南尾根・・・森戸林道・・・中尾根・・・乳頭山・・・田浦梅林・・・白赤稲荷・・・港ヶ丘団地・・・京急田浦駅
歩 行 時 間 5時間30分
特      記 梅の時期には田浦梅林でゆっくり過ごすのも良いと思います。ただ、このコースは長いので駅から直接長柄に行くか、田浦梅林から田浦駅に行くのがいいように思います。

 みうらのお花   

 

標高200m程度の低山で、夏は暑く、蜂やマムシに注意が必要なためハイキングに適しているのは、10月から初夏の間だと思われます。従って、真夏に咲き誇っているはずの、ヤマユリ、ウバユリギボウシ等には出会えないでしょう

 

ネコヤナギ
ヤマルリソウ
ホタルカズラ
ホタルカズラ
シュンラン
タツナミソウ
ウグイスカグラ
ウラシマソウ
1 月 ヤマツバキ
2 月 カンアオイ・タチツボスミレ・ウグイスカグラ
シュンラン
3 月 ヤマブキ・卯の花
4 月 エビネ・ホタルカズラ
初 夏 コケリンドウ・タニギキョウ・オオバジャノヒゲ
タツナミソウ・サイハイラン
オオバショウマ・ヤブラン・ツワブキ・

 

みうらの鳥

特記すべきは珍鳥といってよい三光鳥が森戸川沿いに営巣する事で、姿・啼き声共かわいらしいです。残念なのは、数年前には数ヶ所に巣を造っていたのが、今では1~2ヶ所しかみられないことです。
探鳥の人の邪魔になるので、この時期には多勢で森戸川林道へは行かない方がよいでしょう。

本州には夏鳥として渡来し、北アルプス山麓や富士山麓では1000m以下のスギ、ヒノキなどの人口造林や落葉広葉樹の密林、雑木林、たけ高い潅木叢林などに生息し特に薄暗い林に多いです。

雄の尾は30cmにも達し、頭頸部は紫黒色、囲眼部は青色、腹は白い。
雌も雄に似ているが、多少色が淡く、尾が比較的短いです。

囀りがツキ・ヒ・ホシ(月日星)ホイホイホイと聞こえるので、三光鳥と江戸時代前期から呼ばれている。


お気軽にお問い合わせください。 TEL 045-317-2369 電話は平日13時~17時にお願いします。(土・日・祝日は休み)

  • facebook

みろく登山教室・参加者募集中

みろく山の会

特定非営利活動法人みろく山の会〒220-0023 横浜市西区平沼1-1-11 瀬尾ビル202号
PAGETOP
Copyright © 特定非営利活動法人みろく山の会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.