生涯登山を目指し、オールラウンドの山行を実施しています。
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 山行記(個人山行)

山行記(個人山行)

東黒沢白毛門沢

会山行の湯檜曽本谷が水量が多いため中止となった。全員で代替山行の白毛門沢に参加した。 白毛門沢駐車場から東黒沢はすぐ入渓できて楽ちん。メインはハナゲの滝とタンタラのセン。ナメ滝やトイ状の滝の続く美渓である。

東黒沢白毛門沢~ナメとスラブを愉しむ

20170810~815上の廊下転進(東沢谷、高天原温泉、雲ノ平他)

沢愛好者のあこがれのまと「上の廊下(かみのろうか)」に行ってきた。と言っても最初の渡渉地点までとなった。 この計画のために3回の訓練をメンバーで実施した。

マスキ嵐沢(2017/6/24:土)

大滝橋BS泉の駐車場からAM8:30に到着。沢装備(除く沢靴)に切り替えて林道を進む。大滝沢からのたっぷりのマイナス・イオンを浴びながら鬱蒼とした登山道を歩く。少し汗が滲んだ頃、マスキ嵐沢に到着。・・・

朝飯会 「鎌倉の吉沢川とやまなみルートを歩く」

7月11日に1ヶ月ぶりに朝飯会に出席した。いつもは10数名のときが多いが、今日の出席者は5名。女性のTさんが本日のリーダーになり、吉沢川を歩き、その後バイパスルートを経由してやまなみルートを逗子まで歩くという。

シャモニー氷河スキー

知り合いからシャモニーで氷河スキーをして楽しかったという話を聞いていて、いつか行ってみたいと思っていたが、このたびみろくの仲間一緒にその夢を実現することができた。シャモニー周辺のスキー場およびイタリアのクールマイユールでのスキーも楽しむことができた。

タイのリゾートでクライミング

ときどきコーチをしていただいているクライミングガイドのMさんが、タイのリゾートで半月ほどショートステイをしながらクライミングをするという。クラビはプーケット島やピピ島があり、若い時から憧れの場所だったので、みろくの仲間と4日間参加した。

白馬岳→祖母谷 を歩いて

昨年濃いガスと雨に阻まれ、地図、コンパスの確認を怠ったが為に雪渓上のルートをロスし撤退となった山行を、共にこのルートに拘っていた女性3人で目指す事にした。

白馬岳分岐から旭岳とトラバース道を眺める 雪田は残ってない

マッターホルンとヨーロッパアルプス山行記(後編)

朝、いつものようにアパート前に集合。車2台に分乗してマーティニ経由でツェルマットに向かう。途中、タクシーに乗り換え、ゴンドラリフト駅からリフトを乗りついでシュバルツゼーに到着した。シュバルツゼーからヘルンリ小屋まで2時間のところ、1時間半で歩いた。

MH-Day6-1

マッターホルンとヨーロッパアルプス山行記(前編)

2015年6月にマッターホルン登頂経験者のTSさんとの立ち話から、“行きますか!!”の話が浮上し、みろく会員のMI、KK、YT、YI、AF、ESの6名で2016年8月に行くことになった。2015年11月から2016年の8月中旬まで各種事前トレーニングを重ねて8月20日(土)に成田を出発した。

MH-Day1-6

ジャンダルム

天狗岳の先は核心部の始まりだ。岩稜はたくさん歩いたけれど、これほど傾斜がきついところは経験したことがない。三点支持というより、四足動物のような歩きになる。歩きというより、這いずる姿勢だ。鎖もあるが「えっ!ここから鎖なし?」と思わず叫んでしまいそうな所や、鎖の長さが足りない箇所がある。ルートを間違えてしまうような箇所もあり、道迷いが滑落に繋がることを容易に理解させる箇所が満載だ。

北海道 カムイエクウチカウシ山

北海道日高山脈のカムイエクウチカウシ山(通称「カムエク」)に登ってきました。メンバーは、非会員2名と私の3名でした。 天候に恵まれ、素晴らしい展望と高山植物を満喫しましたが、非常に厳しい山でした。 特に、三股から八ノ沢カ …

地図1

1 day  北鎌尾根  (北鎌尾根~東鎌尾根)

◆日程:2016年8月5日~7日 ◆メンバー:みろく山の会 個人山行 4名 ◆タイムコース:8/4(木)夜行バス利用 8/5(金)快晴、中房温泉…燕山荘…大天井岳…大天井ヒュッテ(泊) 8/6(土)快晴、ヒュッテ4:05 …

ルート図

北海道 知床

前半2日間は天候に恵まれて、英嶺山と羅臼岳では素晴らしい展望と高山植物に感動することができましたが、後半2日間は雨で、硫黄山は残念ながら途中撤退を余儀なくされました。 羽田空港7:10発のJAL565便に搭乗し、女満別空港に5分遅れで8:55頃に着く。予約したレンタカーのカウンターで受付を済ませる。レンタカー会社の送迎バスで営業所まで行き、手続きをする。9:30頃に出発する。

北海道 知床 地図

一の倉沢衝立岩中央稜

今年は雪渓の雪が少なく、飛び石伝いに沢を渡りながら、途中右岸を高巻、ヒョングリの滝でも高巻きヒックスロープを使用しクライムダウンしてテールリッジ末端に取り付いた。テールリッジには新しいロープが張られて登りやすくなっていた。

一の倉沢出合より衝立岩を臨む 赤線登攀ルート

朝めし会 「4月5日鎌倉のさくら」

  鎌倉近郊のさくらはソメイヨシノが終わり今は八重桜、ヤマザクラが盛りを迎えています。「朝めし会」で鎌倉近郊のさくらを一度に見るという風変わりな花見を行いましたので報告いたします。 その前に「朝めし会」とは鎌倉 …

⑤逗子ハイランド街路樹花のトンネル
1 2 »
  • facebook

みろく山の会

特定非営利活動法人みろく山の会〒220-0023 横浜市西区平沼1-1-11 瀬尾ビル202号
PAGETOP
Copyright © 特定非営利活動法人みろく山の会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.