生涯登山を目指し、オールラウンドの山行を実施しています。
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »

タグ : 花

白山(ゆっくり・バス・自然保護部)

南竜馬場の分岐から今日の花の乱舞の始まり。岩銀杏・ニッコウキスゲ・白山シャクナゲ・ミヤマリンドウ・白山コザクラ・深山金梅。白、ピンク、紫、黄、大変だ。三つ葉の梅花オウレンにお花の先生Sさんも大興奮。私のメモの字も追いつかない。

㉒クルマユリ満開

尾瀬燧ヶ岳(自然保護部)

みろく山の会、自然保護部では、尾瀬と白山の山行を毎年実施している。今年の尾瀬は御池から燧ヶ岳を登って燧裏林道という初めてのコースだった。

朝もやの尾瀬

毛無山~十二ヶ岳

毛無山登山は急登で始まる。 中ほどのピークで一時平坦になるが、山頂に向けて再び急な登りになる。 高度を上げると、ハルゼミの声が聞こえだした。今年初めて聞く。梅雨が近い。 山頂で一息ついて、十二ヶ岳に進む。 間もなく一ヶ岳になり、その後も短い間隔でピークが続く。

丹沢主脈(花山行)

蛭ヶ岳の尾根に入って、アズマイチゲが散見されてくる。高度を上げて、お目当てのコイワザクラ。薄紫色が綺麗なキクザキイチゲ。次々と花に出会う。開花の時期もドンピシャだ。蛭ヶ岳手前のガレが見えて、これが隠れピーク。馬酔木の林を抜けて、本峰はその先に大きく座していた。蛭までジグザグに階段が続く。

酔芙蓉農道と彼岸花

電車の事故があったものの、時間前に全員そろう。総勢20人で、「酔芙蓉と彼岸花山行」の出発です。酒匂川での鮎釣りの光景や稲穂が黄金色に輝く田園地帯を眺め、どこか遠くへ来た気分になりました。あじさい公園でひと休み。ここは6月になると5000株の紫陽花で彩られるそう。少し歩くとお目当ての酔芙蓉農道です。

  • facebook

みろく山の会

特定非営利活動法人みろく山の会〒220-0023 横浜市西区平沼1-1-11 瀬尾ビル202号
PAGETOP
Copyright © 特定非営利活動法人みろく山の会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.