生涯登山を目指し、オールラウンドの山行を実施しています。

新入会員の感想


何で私が槍ヶ岳に―入会して2年半経って

「何で私が東大に」という塾のキャッチコピーを目にした事のある方は多いと思いますが、まさに今夏の私の思いはこれでした。
情報誌の新入会員紹介を見ていると、錚々たる山歴を持つ人がいる一方で、まるで未経験の人もいます。私が入会時に経験していた山は「富士山」と「鍋割山」のみでした。一生に一度は富士山へ登ろうと思い立ち、まず鍋割山で練習をと思ったのですが、これもテレビで見た鍋焼きうどんが美味しそうだったからです。上はスキーウエア、下はジーンズといういで立ちで出発しました。何も知らなかったのですね…。上はともかく、ジーンズでは段差で足が上がらず苦戦しました。横を私より明らかに高齢の方が山ウェアに身を包み軽やかに追い越して行きます。それでも苦労して着いた頂上で食べたうどんも景色も最高でした。私が山に魅了された瞬間です。
「みろく」に入会して半年、塔ノ岳の山頂でのNリーダーとの出会いが私の転機となりました。「その山行で一番弱い人になると辛いからトレーニングをしよう」と声を掛けていただき、10人位のグループで月に1度程トレーニング山行をすることになったのです。夏の暑い日に10キロ背負って足が攣ったり、月例のコース表を握りしめて一人塔ノ岳して途中で水を捨てたり、いつの間にか2年が過ぎ、登るのに精いっぱいだった私が、岩の間に咲く可憐な花に目が留まるようになってきました。そしてこの夏表題のように、「槍ヶ岳」に登る事ができたのです。
目標を持って、それに向かって努力し、それを達成した時の喜び。それをこの年齢になって味わえるなんて、何て山は素晴らしいのでしょう。六甲にも行き、テント泊にも慣れ、幕岩で学び、お花の名前も覚えたい。夢は大きく膨らみます。お世話になったたくさんのリーダー、仲間達に感謝の気持ちで一杯です。これからもみろくライフを充実させて行きたいです。

文責:3561

(写真と文章は直接の関係はありません)

エルブルース山行の写真 シャジン

入会して1年半の感想

入会前にガイドさんに連れられて岩稜の山を歩いていたけど、大好きなクライミングを一緒に楽しむ仲間とスキルアップを目指してみろくへと一歩踏み入れました。
先ずは天神平、チェストハーネスはお手の物。でも地図読みはまだまだで、私の知識と技術が凸凹していることに改めて気づかされました。
月例塔ノ岳、三点支持と受講。反省会はなるべく出たほうが良いという助言をいただいていたので、積極的に参加し、たっぷりと山のお話しを聞かせていただき、私も会話に混ざり、初めての参加でも皆さんの輪の中に入れてもらえた実感をもったものです。

C山行を選んでヤブ山に行きました。とても登山道には見えないようなところをぐんぐん登っていったり、川の渡渉をしたり、アドベンチャーだねと楽しみました。
またトレーニングとして毎週火曜日に実施している鎌倉・三浦地域の午前中だけの山行。ここでもいろいろな先輩方とお話ができて、山に対する心構えなど、脚力向上だけでなく、とても勉強になっています。
念願のクライミングは9月から始まった幕岩教室、リード教室、MRTとその都度条件はあるものの、段階を踏んで技術を習得することができました。これらは外部の講師を呼ぶわけではなく、先輩方のボランティアに支えられて成り立っています。幕岩教室からMRT終了まで、いったい延べ人数でどれだけの方のお世話になったことでしょう。せめてもの恩返しは、習った技術を定期的に復習し、次の教室のお手伝いができるようになることだと思っています。

今年はコロナの影響で2か月以上山に登れませんでしたが、自粛明けからせっせと丹沢に通い、体力・脚力を戻し、8月に西穂―奥穂の縦走、9月に黒部五郎岳から双六への大縦走に参加することが出来ました。またその間も新しくできたクライミングの仲間とジムへ通い、習ったロープワークの確認を行いました。そして岩沢の先輩が、4月に予定されていたゲレンデでのマルチの練習を改めて企画してくださり、汗をダラダラ流しながら岩練に通いました。
両縦走でのCLの気遣い、これは本当に人間力だと感じます。誰よりも責任という重圧を抱え、ご本人の疲れもあるでしょうに、決して声を荒げずに穏やかに接してくださいました。歩くスピードもメンバーの体調に合わせて調整し、最後までパーティとして歩きとおせたのはCLのおかげだと思っています。
誰でもCLを重ねていけばこうなれるのかしら? なんて思いません。人それぞれの個性もあります。でも良い個性は延ばすとしても、自分の中にそうでない部分に気づいたとき、
感銘を受けたCLの行動や、素敵だなと思った先輩の対応を真似しようと思います。年齢的にも私よりも上の方が多いので、お手本にさせていただきたい方が大勢いらっしゃいます。
みろくに入って良かったことは当初の目的の岩登りにプラスして、人間力を上げる機会を与えていただけたことでしょうか。
まだまだ未熟な私ですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

                                                                            文責:3629

(写真と文章は直接の関係はありません)

鳳凰三山のひとつ地蔵ケ岳 姫川源流

「入会して5ヶ月半の感想」           「F.I.」

「原色ドライフラワー」ここ十年来、デパートやお花やさんで耳にする言葉です。生花をシリカゲルで埋め込み、乾燥させ、ピンセットを使い、ガラスのケースにデザインする花のことです。
もともと結婚式等の記念のお花を長く保存しておきたいということから始まったもものです。習いながら作り続け、なんと二十年が経ってしまいました。
ある時、お花やさんの花もすてきだけれど、「山に一輪、自然に咲いている花がどうしても見たい」という思いと、そのためには「山に登りたい」という二つのことが、私の「みろく山の会」に入会したきっかけです。

入会して、座学、5月20日の大倉~小草平往復の実技山行からスタートしました。24人の大パーティ。無事に下山することができ、リーダーの皆さんの大 変さにただ感謝の気持ちでいっぱいになりました。また反省会も楽しく、Iリーダーからのさし入れ、山椒の葉の佃煮の美味しかったこと。

6月、雲取山(セミナー体験)に参加し、百年に一度しか咲かない熊笹の花を見ることができ、9月、日光白根山(テント)山行に参加、荷物の重さにはちょっとビックリ。でも色々体験でき、本当に毎回、教わることの多いこと。また楽しさも2倍、3倍です。

9月、八方、唐松岳の宿「ルナピエーナ」の食事、おかみさんの気遣いには感謝。また唐松岳頂上にたった一本、それも丈がうんと短いうす紫色の松虫草に出 会えたときには本当に感激していまい、「登って良かった」その一言。私の願いがかなった大切な時間。10月笹子雁ケ腹摺山に参加し、O、Sリーダーからの 山の花の素晴らしさ、また、塩分、スポーツドリンクの大切さ、山ではあまり緊張しすぎず、楽しむことの大切さを教わりました。

また25周年記念集中登山で富士五湖では⑪コース、K,Y,Iリーダーの三方分山、パノラマ台に参加。久しぶりにお会いできた方々、山仲間も増え、本当に楽しい大切な時間を過ごすことができ、感謝しています。

登山スクール基礎コースも終了し、中級コースもスタート、1月の「実技山行計画」も楽しみにしている今日この頃です。
毎月25日発行の「みろく」情報誌を心待ちにし、月3~4回の会山行も楽しみ、岩、沢もトライしてみたい気持ちでいっぱいです。不慣れな私でですが、今後指導のほど宜しくお願いいたします(2007年9月)
(写真と文章は直接の関係はありません)

富士山 ハクサンチドリ

「入会して1年の人の感想」              「T.A.」

これまで高い山に登ったのは大山や高尾山程度で、神社の階段やジョギングでも息が揚がる状態の人間が、一度は日本一高い富士山に登ってみたい願望もあっ て方法を探していたところ、偶然にもみろく山の会の案内書を貰ったのが縁で門を叩き入会する事になりました。

この一年、新人研修の座学・実技に始まり、みろく祭りIN鎌倉に初めて参加し、今回の25周年記念集中登山IN富士五湖までの一年間に10回ほどリーダーや先輩諸氏に指導を受けながらB山行を主に参加させて頂きました。
下山後の反省会などにも参加し多いに楽しんでおります。

入会して会員の多さや動員力の凄さには大変驚きましたが、これは長年の伝統と組織によって運営される役員はじめリーダーの献身的な奉仕と努力による事 と、会員の積極的な参加と熱意によるものと感銘し、会長はじめ役員の方々や素晴らしい会員の皆さんの仲間になれた事を大変嬉しく思っています。

この夏には、念願の富士山頂でご来光を拝み感動出来た事と、山行に参加することで体重が減り体調が良くなりましたことは、みろく山の会に入会したお陰と感謝しています。

今後は、少しでも皆さんに迷惑を掛けない為には、知識と経験が必要であり、一番事故率の高い年齢層でもあるので、会主催の研修を受講し知識の向上を図 り、体力と技能に合った無理をしない山行に参加させてもらい、登山の面白さや山々の美しさを楽しみたいと思っております。今後は気軽にお誘い頂ければ幸い です。(2007年10月)

以上


お気軽にお問い合わせください。 TEL 045-317-2369 電話は平日13時~17時にお願いします。(土・日・祝日は休み)

  • facebook

みろく山の会

特定非営利活動法人みろく山の会〒220-0041 横浜市西区戸部本町51-13松村興産ビル202号

PAGETOP
Copyright © 特定非営利活動法人みろく山の会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.