生涯登山を目指し、オールラウンドの山行を実施しています。
                                                      花の写真        丹沢の花・植物観察         野鳥の写真
やりをバックに登る登る!
撮影場所:奥穂高岳
2020年9月14日 投稿:3205
みろく山の会は横浜にある山岳会(登山サークル)です
「みろく山の会」は、横浜にある山岳会(登山サークル)で、神奈川・東京の人で構成され、現在約750名が在籍しています。会は、生涯登山、自立した登山者を目標に、山の自然を保護し、安全で自然と親しむ山行を心がけています。月に50回以上の山行が計画され、街歩き・ハイキング(里山)からアルプス級(高山)の登山のみならず、岩登り・沢登り・雪山・スキー・海外の山等とオールラウンドの山行に挑戦しています。毎月、新入会員登山教室が開かれており、初心者も自分の実力や興味に合わせて山を感じることができます。詳しくは会の紹介をご覧ください。皆様のご入会を歓迎します。 

投稿

2020年10月以降の山行案内

2020年10月以降の山行案内です 実施日 山行名 ランク 備考 10/1 木 三浦アルプス周回 B-B-7:00 尾根道ををぐるっと1周します 10/1 木~ 10/3 土 那須連山(山と温泉・バス) B-B-5:00 …

ギャラリー「丹沢の花・植物観察」を更新しました

10月25日にギャラリー「丹沢の花・植物観察」を更新しましたので、ご覧ください。 10月25日 ホトトギス・カシワバハグマ・ヤブマメの3つを更新しました。 10月10日 ハナチダケサシ・キツネノカミソリ・ノブキ(種子)の …

2020/10/10~12 山形 前川大滝沢

前川大滝沢を意識したのは2年前。美しい沢であることが話題になった。しかし、その頃の私はまだ沢歩きが怖く参加する自信が無かった。

戸隠西岳(プチバリ)

秋の戸隠。紅葉を愛でながらの山行だが厳しい鎖場が続く破線ルートを行く。鏡池から第1峰(P1)、西岳、本院岳を通り八方睨から蟻の塔渡を下る周回コース。  朝3時半起床。鏡池へ移動して5時出発。CLから「熊に注意、切れ落ちている斜面に注意」と指示が出る。

穂高岳(奥穂南稜)

朝6:15過ぎに海老名出発。19日からの予定を1日後へずらし4連休のうちの3日間で穂高へ。リーダーの判断通り天気は回復し長野は良い天気。さすが4連休、沢渡の駐車場はほぼ満車。沢渡からはタクシーで上高地へ。河童橋を渡り岳沢登山口へ、梓川の水量は多いように見える。

乾徳山

当初土曜日に催行予定であったが、混雑が予想された為、金曜日に変更しての山行となった。穏やかな気候で絶好の登山日和。 乾徳山は森林、草原、岩場が楽しめる山だが、何と言っても岩場が楽しかった。 中でも山頂直下の鳳岩は 途中までほとんど足場の無い、ほぼ垂直の 20m の岩壁だ。..

クラッククライミング自主トレ(幕岩)

昨今のマルチピッチクライミングは、日本では1960~70年代の岩にハーケンを打って登っていたクライミングと違って、自然を壊すことなくナチュラル・プロテクション(通称、カム)を使って登るクラッククライミングが主流となっているようです。今年度初めて会山行にクラッククライミングが自主トレとして企画されたので参加してみました。

奥穂高岳~前穂高岳(夏山定例)

出発前にリーダーから「秋梅雨入り、と天気予報が伝えていますが、予定通り実施します」とメールが届く。1日1万歩くことを目指している私は、たとえ雨天でも大自然の中を歩きたくて参加する。 上高地に到着すると予想外の青空。河童橋で記念撮影をして、期待しながら嬉しい思いで横尾に向かって出発。

四国 愛媛県 笹ヶ峰・東赤石山・石鎚山・瓶ヶ森

シルバーウィークの9月中旬に四国の愛媛県の名山4座に登る計画と立てました。4日間とも安定して良い天候で、展望に恵まれ、高山植物にも出会うことができました。 …

西穂高岳〜奥穂高岳(夏山定例)

新型コロナによる長い自粛期間とその後に続く長雨のため、岩稜歩き10時間、途中小屋は無しというルートを歩くには、十分な自主練が出来ず、その上、上高地一帯の群発地震による落石、エスケープルートの消滅など、メンバー全員が不安を持ちながらの出発であった。

栂池~白馬大池~小蓮華山(ゆっくり・花)

栂池自然園は雲の中だが、周りは花・花・花、ヒオウギアヤメ・クルマユリなどに皆歓声を上げてシャッターを押す。 浮島湿原まで来ると雲が切れ青空が見えてきた。タテヤマリンドウやワタスゲに囲まれながら歩を進める。展望湿原に到着 …

飯豊連峰全山縦走

朝6:50出発、4日間体力が持つか心配しながら歩いていると、早くも雨。雨具を着たので暑くてヘロヘロ、前途多難とおもいながら耐えて登る。雨も止み剣ヶ峰の岩稜も無事通過、三国小屋でゆっくり休憩。ずっとガスの中だったが、切合小屋が見えてきた頃晴れてきて、飯豊本山と連なる山々が見えて感動。そうこの景色が見たくて登って来たんだ。

金峰・瑞牆(テント泊)

「参加します!」冴えない天気予報にも関わらずCLのご英断で開催が決定、参加不参加の再確認に私は即答でした。久しぶりの会山行。入会して初めてのテント泊、これで気分が盛り上がらない訳がありません。当日、韮崎駅に集合したメンバーとジャンボタクシーに同乗して登山口まで移動、約40分で瑞牆山荘登山口に到着です。

奥利根・ナルミズ沢

ナルミズ沢は明るく開けた渓相と上部の笹原が広々と広がる「天国への草原」と評されることで有名な沢。一度は行ってみたい所だった。私を含め3名はテン場確保のため前夜出発し土合ステーションホテルに久々の宿泊。翌日早朝宝川温泉から広河原を目指す。

北海道ゴールデンルート(ロングトレイル)

早朝、羽田空港を出発、旭川空港到着後セブンイレブンでガス缶を受け取りタクシーにて旭岳ロープウェイ駅に向かう。腹ごしらえ後ロープウェイにて姿見駅へ。ここが山行の起点。まず、裏旭キャンプ指定地の雪渓の状況を確認。雪渓はかなり …

大岳山~払沢の滝

この時季は日帰り山行が少ないことに加えて、今年はコロナ禍の影響で夏山山行の中止が多かった為か、締め切り前に参加希望者が40名を超える状況となったことから2回に分割して実施した。また、当初計画は上養沢BSから林道を歩いてロックガーデンに至る行程を予定していたが、林道が土砂崩れで通行止めの為、前半の行程を変更して、大岳鍾乳洞入口からサルギ尾根を登ることとした。

クワウンナイ川遡行~トムラウシ山

沢教室テキスト「登山技術全書 沢登り」で北海道の沢として紹介されていた大雪山クワウンナイ川遡行に憧れていた。同好の会員に声をかけ2年越しの計画だったが、昨年は荒天のため途中撤退。3年目の今年は連日晴天のなかトムラウシ山まで詰めることができ、リベンジが果たせた。

槍ヶ岳ピストン(個人山行)

「大天井ヒュッテは、今シーズン営業を休止致します」 2月のコロナ前から予約していたのに、まさかの営業休止!  大天井ヒュッテ、槍ヶ岳山荘での宿泊で組んだ今年の表銀座山行(夏山定例)はこの営業休止によって表銀座縦走の夢は飛んだ。

2020年9月以降の山行案内

2020年9月以降の山行案内を掲載します。 実施日 山行名 ランク 備考 9/2 水~ 9/6 日 北海道ゴールデンルート(LT) C-D-10:00 テントを担いで大雪山系を縦走します  9/3 木 長尾尾根~表尾根( …

会津駒ヶ岳(山と温泉・バス)

コロナ対応で、参加希望者を2班に分け、山行を2回実施する事になった。その1回目だ。 マイクロバスの座席は間隔をあけて乗車。運転手さんからコロナ対策の説明を受ける。 横浜は雨だったが、東北道を北上すると雨脚が弱まり、路面が …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook

みろく山の会

特定非営利活動法人みろく山の会〒220-0041 横浜市西区戸部本町51-13松村興産ビル202号

PAGETOP
Copyright © 特定非営利活動法人みろく山の会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.