5. 三浦アルプスの登山ルート

 ● 交通アクセス
 ● 主要登山ルートの概要
 ● おすすめコース

交通アクセス

住宅地に近接した広大な山地であるだけに、三浦アルプスへのアクセスは多彩です。公共の交通機関で行く場合は、JR逗子駅、東逗子駅、田浦駅、京急逗子葉山駅、神武寺駅、安針塚駅、逸見駅などが起点になります。京浜急行を使う場合は多くの場合駅から徒歩で入山口まで歩くことになりますが、JR逗子駅や京急逗子葉山駅の場合は、徒歩に加えて、京浜急行バスの利用も歩行時間を短くするためには有効です。長柄交差点、風早橋、葉山大道、一色住宅、水源地入口、新沢、上山口小学校、境橋、不動橋など、県道のほとんどの停留所が最寄りの入山口へのアクセスポイントになります。ただし、葉山大道以西横須賀方面はパス本数が30分に1本程度となりますので注意が必要です。車で行く場合は、公共の駐車場の数は極めて限られているので、最寄りの有料駐車場を借りることになります。

下に示すイラストマップは10年以上前に作られたものですが、交通アクセスの状況は今とほとんど変わっていないので参考になると思います。ただし、登山道の現状はこの地図が作られた当時に比べると大きく変わっていますので、登山・ハイキングの計画には使わないでください。

昔の三浦アルプスのイラストマップ

昔の三浦アルプスのイラストマップ

主要登山ルートの概要

仙元山・南尾根ルート(仙元山~戸根山〈ソッカ〉~南尾根~乳頭山)
三浦アルプスの銀座ルート。アップダウンは大きいが、特に危険な個所はない。大桜周辺のピークには勾配の急な上り下りが多い。その中でも、大桜東側は大雨の後巨大な滑り台と化し、ロープに頼らないと上り下りが出来ないほど。仙元山と戸根山の間にはジェットコースターと称される約200段の登り下りの急傾斜階段がある。休憩スポットは、観音塚、大桜、東電3・4号線No.34鉄塔(陽当たり、見晴し共によし)、乳頭山(見晴し)。

北尾根ルート(乳頭山~FK3~馬頭観音~二子山~阿部倉山)
乳頭山から上二子山までは比較的なだらかな道。FK3から先は道幅広く、よく整備されている。東尾根にミニ岩場が2、3か所。上二子山と下二子山の間は勾配の急な上り下り。大雨の後はスリップ注意。下二子山から阿部倉山まではアップダウンの大きい険しく細い道となる。阿部倉山から先は緩やかになる。休憩スポットは、馬頭観音、上二子山(広いなだらかな広場と展望台があり、公園として整備されている)、阿部倉山(頂上から西側の踏み跡を暫く行くと富士山、江ノ島のビュースポット)。

中尾根ルート(森戸川林道終点~乳頭山)
道幅は南尾根より狭い。急勾配だが距離が比較的短いアップダウンが多い。森戸川林道から稜線に出る迄の最初の5分はかなりの急登、樹に摑まって登る。六杷峠、辻の峰(斜め十字路)は道迷いポイント(別項参照)。休憩スポットは乳頭山直下の東電1・2号線No.34鉄塔(陽当たり眺めともに良好)。

中沢ルート(森戸川林道終点~東尾根「ぬまま35」消防標識
ほとんど全ルート、沢沿いに設けられた山道歩きとなる。林道終点から二子山分岐までは、山道の崩落個所が多いので、沢床を歩いた方が安全なケースが多い。途中何か所か、倒木を跨いで渡渉するようなところもある。沢床は概ね露出した岩盤で、水量もあまり多くないので、山道を外れて沢床を歩き通すことも可。ナメが美しい。ただし、倒木、水溜りに行く手を阻まれることがあるので、経験者向け。

南沢ルート(森戸川林道終点~三国峠、あるいは乳頭山)
全体的には中沢コースより難度が高い。林道終点を起点とした場合、初めの3分の2のルートは沢沿いに設けられた山道ルート(沢床を歩くことも可能。この場合状況は中沢と同じ)。残り3分の1は沢の中を歩く。山道ルートは、平らで歩き易い道と斜面に設けられた細く滑りやすい道が交錯する。後者は沢からかなりの高さ(5~10m)に設けられているところも。路肩が崩落している箇所もある。辻の峰分岐の先に、岩壁トラーバースが2か所。ただし、距離はどちらもたかだか2~3m。固定ロープあり。ツメは2か所、一つは乳頭山頂上近くに上るもの、もう一つは、三国峠に至るもの。どちらも、上り始めはかなりの急登。ツメ部、雨後の逆コースは良く滑るので注意。

おすすめコース

コース1 京急逗子葉山駅…六代御前…長柄桜山古墳…川久保交差点…阿部倉山二子山
森戸川林道終点…中尾根乳頭山…FK3標識…港ヶ丘団地…京急田浦駅
歩行時間 4時間50分
特記 長柄桜山古墳:平成11年に地元の考古学愛好家によって発見された。平成14年に国史跡指定。1号墳、2号墳の二つの前方後円墳。現在1号墳の公園整備が進められている。2号墳からは江の島、富士山の眺めが良い。

 

コース2 風早橋バス停…仙元山…戸根山分岐…観音塚…南尾根…三国峠…
乳頭山…三国峠…畠山塚山公園…京急安針塚駅
歩行時間 5時間
特記

仙元山:かつては山一面の桜の名所だったが、病気にやられて全滅。現在植樹が試みられている。
塚山公園:吉野桜がきれい。
高塚(どんぐり並木):秋、一面どんぐりが敷きつめた上を歩ける。
仙元山~戸根山分岐:間にジェットコースターのような急傾斜の長い階段。
南尾根:適度のアップダウンのあるコース。

 

コース3 JR東逗子駅…神武寺…鷹取山…FK3分岐…北尾根馬頭観音中沢…リスの谷
乳頭山…三国峠…畠山塚山公園…京急安針塚駅
歩行時間 5時間
特記

鷹取山(太田道潅がこの山でタカ狩りしたのでこの山名がつく)はクライマーの練習場。
北尾根馬頭観音:三浦アルプスには馬頭観音が多い。ここの馬頭観音は文政3年(1820年)建立。北尾根は沼間方面に抜ける生活道として江戸時代から使われていたという。

 

コース4 京急葉山逗子駅…川久保交差点…阿部倉山二子山…森戸川林道終点…中沢
乳頭山…三国峠…大沢谷…境橋バス停
歩行時間 4時間30分
特記 花を楽しむコース。4月に行くと花もきれいに咲いている。特に二輪草の群生は抜群。
大沢谷は沢の中も歩くので、前日雨の時は注意が必要。

 

コース5 京急逗子葉山駅…六代御前…長柄桜山古墳…川久保交差点…森戸川林道
中尾根乳頭山田浦梅林…白赤稲荷…港ヶ丘団地…京急田浦駅
歩行時間 5時間30分
特記 梅の時期には田浦梅林でゆっくり過ごすのも良い。ただ、このコースは長いので駅から直接川久保交差点に行くか、田浦梅林から白皙稲荷方面に行かず田浦駅に行くコースも選択肢。

目次に戻る