日時・天候・ランク

12月12日(土)  晴れ  C-C-7  参加 15名

コースタイム

集合 谷峨駅 7:40     解散 大滝橋バス停 15:45

細川橋8:55…二本杉峠9:55…10:45地蔵平分岐10:50…11:35地蔵平11:55…12:20セギノ沢入渓橋…14:05大滝峠14:10…15:10一軒屋避難小屋…15:45大滝橋バス停

歩行時間 6時間15分     休憩時間 50分

報告事項

・セギノ沢は最初の堰堤を右から高巻く。川原へ下りるトラロープあり。

・次の滝の高巻きは右手前から大きく高巻いて滝の右手上方の大岩を巻く。

・高巻き は上記2箇所のみ。10Mロープがあると役立つ。

山行記

前日までの悪天候から一変、雲一つ無い好天に恵まれ、細川橋で下車し、出発。尾根伝いに二本杉峠へ。
二本杉峠からは屏風岩山方面に、更に尾根歩き。
960Mのピークから登山道ではない急斜面を、落ち葉・枯れ葉に足を取られ苦労して下りる。
山奥にこんなに広く平らで穏やかな場所があるのかと感心してい ると、ここが昼食場所の地蔵平だった。
枯芝色の風景に、50余年前にここにあったと言う小学校に思いをはせる。
午後はいよいよセギノ沢道へ。悪天候の増水 による引き返しも覚悟していたが、透き通る綺麗な流れを見て安堵した。
古道跡や廃道跡の標識に混じって見かけた今は使われていないカープミラーに、昔の面 影を感じる。
こんな山奥で一体どんな暮らしをしていてこの路を歩いていたのだろうかと思いながら、大滝峠への道を登る。
大滝峠からは下りとなり、一軒屋避 難小屋を経由。バスの時刻を気にしながら、ハイペースな歩行で大滝橋バス停を目指す。
無事、15時47分のバスに間に合う時刻に全員下山した。

トラックデータ

トラックデータ