二子山山系自然保護協議会からのお知らせ

9月8日夜半、台風15号が三浦半島を通過したことにより二子山山系(三浦アルプス)でも近年経験をしたことのないような甚大な被害が発生しています。

全体的に二子山山系の東側、北側を中心に被害がひどく、いたるところで杉が倒れ、倒木が折り重なり通過困難な箇所も多い。

特に、大山林道終点から二子山の尾根に通じる要注意区間としている区間では、上部で二子山側の斜面の崩落が発生し、通行が困難な状況になっています。

このような状況下での入山は、非常に危険です、この山域への入山は出来るだけ自粛しましょう。

二子山山系自然保護協議会

写真「9月13日撮影」(クリックするとスライドショーになります)