小蓮華山頂へ

山行情報

日時:2020/07/30 ~ 2020/08/01 天候:薄曇り、晴
ランク:B-B-7:00  参加:12名
山行担当:CL2805 SL2952
記録担当:文責:3561 写真:2805

コースタイム

7月30日(木)
  栂池自然園         13:15発
  園内休憩   14:00    14:15
  浮島湿原   14:50    14:55
  展望湿原   15:15    15:25
  園内休憩   15:50    16:00
  栂池ヒュッテ 16:35着
         歩行2:40  休憩0:40
 7月31日(金)
  栂池ヒュッテ        8:00発
  休憩1     8:30    8:40
  休憩2     9:10    9:20
  天狗原     9:45     9:55
  天狗原上部  10:30    10:45
  白馬乗鞍岳  11:30    11:38 
  白馬大池山荘 12:15    12:50
  船越の頭   13:45    13:55
  小蓮華山   14:45    14:50
  白馬大池山荘 16:10着
         歩行6:27  休憩1:43
 8月1日(土)
  山荘            7:06発
  休憩1    7:35     7:48
  休憩2    8:20     8:25
  天狗の庭    8:50     9:00
  休憩3    9:40     9:50
  蓮華温泉   10:40着
         歩行2:57    休憩0:38

山行記

栂池自然園は雲の中だが、周りは花・花・花、ヒオウギアヤメ・クルマユリなどに皆歓声を上げてシャッターを押す。

浮島湿原まで来ると雲が切れ青空が見えてきた。タテヤマリンドウやワタスゲに囲まれながら歩を進める。展望湿原に到着、そこは白馬大雪渓・北アルプスを望む大絶景スポットだった。憧れの北アルプスがそこにある。その眺望にしばしうっとり。

二日目、夜中の雨も上がり、晴れ間の見える中出発。乗鞍岳に向かって大きめの岩のあるルートを進む。花山行なので登りながらも、出現する可愛い花々を撮影させてもらう。

天狗原は爽やかな高原そのもの、花に見とれて木道を踏み外さないように注意。高い所に見えていた雪渓が近づいてきた。雪渓の横で休憩を取り、白馬大池で植物観察するグループと小蓮華山に登るグループに分かれる。私は小蓮華山に登ることとし、雪渓を歩き始めた。雪渓を歩くのは初めてだが雪は柔らかく、滑ることなく通過できた。大石を石飛びしながら、ケルンの建つ白馬乗鞍岳に到着。

しばし眺望を楽しみ白馬大池に向かう。大小の石が連続し、その上をバランスをとって歩き、白馬大池山荘に到着した。ここはまさにお花畑。チングルマ、ハクサンイチゲなどを横目に一路小蓮華山を目指す。雄大な景色を楽しみながら、小蓮華山山頂に到着。時間が押していたのと強風で、記念撮影だけして下山を始める。左右に広がるお花畑を堪能しながら降りてくると、ラッキーにも雷鳥に遭遇。白馬大池山荘に戻って、植物観察グループと合流し今日の感動を分かち合う。

三日目は蓮華温泉に下る。左手に雪倉岳朝日岳などの雄姿を楽しみ、風雪に耐えたダケカンバ、龍の姿をしたハイマツに驚きながら、無事蓮華温泉ロッジへ。秘湯を楽しんで帰路に着いた。

 

【CL追記】

天候の予測が難しかったが、山行期間中に梅雨明けが期待できそうなので予定通りとした結果、初日は時々青空が覗き2日目~3日目(梅雨明け宣言)は晴となり、雪倉岳~朝日岳の眺望が得られた。また全コース高山植物の最盛期を迎え、詳しい会員は鑑定に忙しく大満足。

各小屋のコロナ対策に従い十分注意を払った。



写真をクリックするとスライドショーになります。