城山クライミング(岩トレ)

はじめてのバトルランナー挑戦は核心部の鎌形ハングを超えられず敗退、練習して次は最後まで行くぞ!

山行情報

日時:2021/12/12 天候:晴れ
ランク:D-C-0:30 参加:14名
山行担当:CL3050 SL3005
記録担当:文責:3705 写真:3626

山行記

伊豆城山でのフリークライミング。数ヶ月前までは、遠い存在だった。

城山登山口から約20分、歴史のある南壁が目の前に現れ、圧倒する。既に沢山のクライマーで賑わっており、自然に気持ちも高まる。そんな中、人気のマルチピッチ「バトルランナー」を先輩達が登っていく。かっこいい。このルートの核心は、遠くに見える鎌形ハング。それを超えていった先で、上から見る景色は、きっと最高だろう。

下部ではロープをショートルートに次々と掛けてくださり、いよいよトップロープで取り付く。しかし、城山の南壁はスラブ中心とは聞いていたが、まともに登れないことに愕然とする。

・トントン拍子 5.8 ルートが途中までだったため何とか完登するが、トップロープで精一杯
・ブルースカイ 5.9 小ハングをどう乗り越えるか迷っているうちに、堪えられず滑る。1テンションで何とか登りきる。
・フルハムロード 10a 2-3回テンションかけてもらって何とか登る
・ジプシーマリー 10a 1回目ルートを間違え、2回目で完登。トップロープで精一杯

足や手が痺れ、息が荒くなり、全く余裕がないのに、爽やかな風に枯葉がハラハラと舞ってくるのを何となく見ながら、「面白い」と心地よさも感じた。

とにかく一つもまともに出来ず、課題や反省の多い日だったが、見本となる先輩方の登りや、アドバイスもあり、とても充実した1日になった。ここに連れてきてくださったCL、SLに感謝。

最後にバトルランナーを見上げ、「そう遠くない将来、必ず」と胸に誓い城山南壁を後にする。遥か彼方に見えた先への憧れと、実現したい強い思いと共に、一から練習に励もうと心に誓った。



写真をクリックするとスライドショーになります。

前の記事

2月以降の山行案内New!!