日時・天候・ランク

4月23日  曇り晴れ  B-C-8:00  参加者 13名

コースタイム

集合 西丹沢自然教室 8:50    解散 西丹沢自然教室15:30

西丹沢自然教室 9:00…西沢右岸尾根取付 9:15…9:53 P967手前 10:00…10:28 権現山 10:35…11:18 P1079 11:22…12:00 畦ヶ丸 12:30…13:05 善六ノタワ…13:17P1119 13:25…13:52 P1033 14:05…14:39 P849…15:00 720M付近分岐点 15:05…15:30 西丹沢自然教室

歩行時間 5時間45分     休憩時間 45分

山行記

西丹沢の西沢は、畦ヶ丸東の山腹から発し、本棚、支流に下棚を擁して白石沢に合流する懐の大きな沢だ。
その西沢の右岸尾根から入り、左岸尾根の先端まで歩くのが今回のルートだ。
西丹沢自然教室前の広場で体をほぐし、吊り橋を渡って入山。
少し登山道を歩き、2つ目の堰堤に延びる尾根に取り付き権現山を目指す。
登り始め150Mほどは急登が続く。途中傾斜の緩む部分もあるのだが、山頂までひたすら急登をよじ登った印象がある。
途中、満開のトウゴクミツバツツジに癒される。
権現山からの下山路は、これが登山道かと疑いたくなるくらいの急傾斜だ。
権現山の登山道から分かれ、畦ヶ丸までのルートは痩せ尾根が続き、ガレや崩壊箇所の通過もある。
面白いが、気の抜けない歩きになる。
が、ひょっこりとルート上に緩い凸凹の地形が現れた。
足元に落ち葉が積もり、柔らかい新緑の色合いを添えて、山はたおやかな表情を見せる。
こんな出合があるから、山は病みつきになる。
畦ヶ丸直下は馬酔木が茂る。5、6年前に畦ヶ丸から一軒屋避難小屋まで下ったことがあったが、その時よりも馬酔木が成長して、少し雰囲気が変わっていた。
下山は、山頂から登山道で善六ノタワに下り、タワから延びる尾根に上がる。
西沢の左岸の尾根筋をずっと通して下ると言う事だ。
急登を攀じて標高1119Mの緩やかな尾根を過ぎ、ルートは標高1033Mの広い尾根に緩やかに続く。
そのピークの先から東南に続く細い尾根に入るのが、今回のコースのハイライトだ。
緩やかに開けた1033Mの地点では北寄りに大きな尾根が延び、一段下がった地点で北東に続く尾根が延びる。目的の尾根はその分岐から南東に延びる細い尾根だ。
地形図で見ると、沢に挟まれた痩せ尾根かと思ったが、実際には意外にしっかりとした尾根だった。
その後、ルートは標高849Mのピークで南に進路をとり、720Mの緩やかに開けた尾根に至る。
そこで西沢に下るメンバーと分れ、末端まで尾根筋を辿り沢の合流点を目指す。
尾根は地形図からは予想できない狭まった尾根となって、西沢、白石沢の合流点に到達した。
沿面距離10.19K、累積標高プラス1648.67M、マイナス1566.48M。
ハードだったが、面白さを満喫した山行だった。

トラックデータ

トラック