山行情報・担当者

日時:3月11日(土)  天候:晴れ  ランク:C-B-6:00  参加:11名
山行担当:CL2503 SL2942
記録担当:記録・写真・文責2751

コースタイム

集合 谷峨駅 7:40   解散 新松田駅 16:20

谷峨 7:40= 浅瀬ゲート 8:20…9:25 P780東 9:30…11:40 椿丸 …11:38 織戸峠 12:00…12:30 織戸峠分岐 …12:57 P862 …13:08 下降点 …13:22 山神峠 13:30…14:39 旧三保山荘 …14:40 吊り橋 …15:18 浅瀬ゲート=新松田

椿丸 ルート図

山行記

椿丸を経由し、山神峠を通る山行が計画された。
世附川の道路は6、7年前の豪雨で大崩壊し、各所で通行止めになっていたこともあり、なかなか行かれない所だった。
これは是非行きたい!!
3月初旬、花粉のピークとあって山歩きはかなりキツイのだが、ともかく参加してきた。
今回、椿丸から先は初めて歩くルートだ。
この部分のハイライトは、山神峠への下降点を見つけることだろう。
下降点付近は尾根の張り出しがはっきりしていないのだが、背後にも支尾根がでているのでそれを目安にすれば分かるかと思った。
が、主尾根は広くなだらかな傾斜で、下降ポイントはそうは簡単には確定できない。
ところが、実に分かりやすいモノがあったのだ。
地図読みにとっては邪道なのだが、ここをクリアしたのは、先頭を歩いたメンバーの事前調査に依るところが大きかった。
そんなわけで、殆ど一直線に山神峠に下った。
こんな風に広い山腹は、当たりを付けたポイントで下降して尾根筋を探してもよいのではと、後に思った。
西丹沢は基岩が脆いので崩れやすく危険な箇所もあるが、予想外に穏やかな表情を持っている。そんなたおやかな風景を楽しみながら、地図読みも楽しみつつ初めてのルートを歩いた。

写真をクリックするとスライドショーになります