9月9日未明、台風15号が三浦半島を通過したことにより三浦アルプスでも近年にない甚大な被害が発生しました。その後一カ月が過ぎこの間の、地元ハイカーや関連団体の方々の地道な復旧活動により、一部を除き改善されてきております。

現状(10月6日現在)は以下のとおりです。

① 通行不能箇所:二子山方面から森戸川へ下る途中の右側の崩落箇所は台風通過直後と変わりません。

② 通行注意箇所:馬頭観音から乳頭山の途中の倒木箇所3箇所はいずれも大きなものを除き処分済みであるが、一部倒れた大きな木の下を潜ったり、乗り越えたりするところが有るので通過に注意が必要です。

③ その他の箇所:上記①②を除き主要なコースは概ね通行可能ですが、小規模な倒木、崩落個所が随所にあり、入山する場合は十分に安全を確認してください。

なお、このお知らせは登山に慣れた方を対象としたものであり、それ以外の方は引き続き入山を自粛されることをおすすめします。

                             NPO法人みろく山の会 2019.10.8