槍が見えた!

山行情報

日時:2020/08/14 ~ 2020/08/16 天候:晴れ強風
ランク:C-C-8:30 参加:13名
山行担当:CL3205 SL3956、2654、3409
記録担当:文責:3205 写真:3205

コースタイム

(1日目)松本駅-新島々-バス-上高地…徳沢ロッジ…横尾山荘(泊) 歩3:20

(2日目)泊地…槍ヶ岳山荘…槍ヶ岳…槍ヶ岳山荘(泊) 歩:8:10

(3日目)泊地…横尾山荘…徳沢ロッジ…上高地BT-松本駅 歩:7:30

山行記

1日目

大天井ヒュッテは、今シーズン営業を休止致します 

2月のコロナ前から予約していたのに、まさかの営業休止  

大天井ヒュッテ、槍ヶ岳山荘の宿泊で組んだ今年の表銀座山行(夏山定例)。  

この営業休止によって表銀座縦走の夢は飛んだ。 

今年のテント泊入門も全てキャンセルとなり、入門山行の最後の槍ヶ岳を楽しみにしていた人の夢も飛んでいた。でも槍ヶ岳山荘の予約は生きている!  

「それなら、せめて横尾山荘、槍ヶ岳山荘泊の槍ヶ岳ピストン山行を個人山行でやろう。」と言う事で、13名の賛同を得て実施。 ほとんどの人にとって、コロナ禍の中、今年初の小屋泊山行。 

**************

横尾山荘の2ベットはいつもでも余裕があるが、今年は更に余裕がある感じ。  

宿舎内での歓談は控え、外のベンチで2メートル余の間を取っての懇親会。つまみが置いてあるテーブルが遠い事以外は、大自然の中、楽しく談笑。 



写真をクリックするとスライドショーになります。

2日目

強風予報の中、槍ヶ岳を目指す。途中殺ヒュッテあたりからは15メートルはありそうな向かい風の中、小屋に到着。 山頂アタックをするか悩んだが、風は登攀ルートの反対側から吹いている為、山頂は注意する必要はあるが、登攀中は突風の危険も少ないだろうと判断して、2時から山頂を目指す。 思いのほか風は弱く、山頂もほとんど風がない状態。ただ、残念ながら視界は不良。 それでも13人中、リーダー以外の9人が槍ヶ岳初登頂と言う事もあり、皆それぞれのポーズで登頂記念の写真に納まっていた。 

コロナ禍を今山行中で一番感じたのは、小屋の夕食。 

テーブルの間隔をあけ、教室座りで、全員が前を向いての食事。 向かい合って談笑する事もなく、静かに食事を楽しむ。 普通なら自分で下げる食器も、全て小屋の方にお願いする。 



写真をクリックするとスライドショーになります。

3日目

我々登山者もいつも通りに、山に行けないフラストレーションを感じる今年の夏山であるが、いろいろな知恵を使いながら、感染予防をしながら運営してくれる小屋に大感謝。 

感謝の気持ちもあり、みんな、多くのお土産(槍Tシャツ、槍手ぬぐい等)を買い、楽しい思い出と共に、灼熱の下界に無事下山したのでした。 



写真をクリックするとスライドショーになります。