月山


オレンジ色の世界に迷い込んだみたい。

山行情報

日時:2020/10/07 ~ 2020/10/08 天候:曇り一時雨
ランク:B-B-4:30 参加:8
山行担当:CL3015 SL3519
記録担当:文責:3685 写真:3015

コースタイム

1日目 山形駅14:00集合-ネイチャーセンター見学後旅館着16:30
2日目 旅館出発8:10-リフト下駅8:30-リフト上駅8:55-牛首10:00-月山山頂11:20-姥ケ岳13:33-リフト上駅14:00-リフト下駅14:25-宿に戻り入浴14:45-山形駅16:40解散

コースマップ

山行記

1日目

今年は異常な暑さで、いつになったら涼しくなるのかと思いきや、急に秋に入ってしまいました。コロナ対応で、山行も宿も人数制限がある中、憧れの月山に行かれる事になり最高の気分でした。の数日前から、天気予報は台風14号の影響で100%雨! 

宿の運転手さんが、明日は雨予報なのでリフト手前から、紅葉の月山を今日の内に見ておいてくださいと案内してくれました。その後、県立自然博物館ネイチャーセンターのナラ林を1時間ほどガイド付きで案内して頂きました。とっても勉強になりました。 

明日は、雨の中を山伏のように黙々と歩くのかと暗くなる気分を、宿の夕飯が切り替えてくれたんです! 山で採れたキノコや山菜、芋煮・・盛り沢山で、美味しい事美味しい事最後のキノコ飯まで皆、おなかのスペースに余裕のなくなった人ばかりでした。温泉も女将の気遣いも最高で明日は小雨でお願いします、と祈りながら眠りにつきました 



2日目

朝から雨。リーダーの判断で30 分遅れの出発。雨、寒さ対策で着膨れ状態。しかし、リフトを降りた頃から小降りになり、ミネザクラ、ナナカマド、ミネカエデなどの低木類が、赤・黄色にしてくれた紅葉の絨毯の間を歩き始めました。

牛首に着いた時は、頂上が見え、すっかり晴れ上がりました。「すごーい綺麗。わー、なんて素晴らしい!」と感嘆の声あふれました。頂上からは、鳥海山、朝日岳、雲海と!!言葉では表せられない程の感動を頂きました。ありがとうございました。 



写真をクリックするとスライドショーになります。