個人山行記

(文責:3256)

去年、一昨年とチンネ左稜線を計画したが、天候が悪く撤退、中止と続いた。

今年も計画し熊の岩まで行ったが7/12の夜から雨、7/13も朝方まで雨が残りガス、岩が濡れているため断念したが、天候回復の兆しが見えたため八ツ峰上半縦走に変更した。

10:00 5.6のコルから6峰の登攀開始
11:55 6峰Dフェースの頭着(休憩)
12:05 Dフェース懸垂下降
12:25 6峰登攀開始
12:50 6.7のコル
12:55 7峰登攀開始
13:15 7峰頂上
13:21 7峰懸垂下降
14:00 8峰頂上あ                   
14:10 8峰懸垂下降
14:35 八ツ峰の頭登攀開始
15:09 八ツ峰の頭頂上(休憩)
15:33 八ツ峰の頭懸垂下降
16:05 池の谷乗越着
17:00 熊の岩場着

八ツ峰上半は5.6のコルから登攀。長次郎谷側からでは想像がつかないくらい広い岩稜が続いている。6峰Dフェースを巻くように登って行くと頂上。ここからは登る八ツ峰の岩峰が目の前に広がり圧巻だ。6峰Dフェースの頭に立つと、クライミングを断念したチンネ左稜線、クレオパトラニードルが見える。熊の岩のテントが小さくポツンと建っている。7峰、8峰とフリーで越えて行くと八ツ峰の頭への取り付きに辿り着く。階段上の岩峰を登ると頂上からは三の窓の頭、チンネ左稜線の立峰、小窓の王、池の谷の頭等、絶景が広がっていた。

なんて所なんだ。見惚れる・・・

飽きるほど景色を堪能したかったが、雨が気になるので八ツ峰の頭から懸垂下降で池の谷ガリーに降りる。長次郎谷を下ると、左手に今日一日登攀していた岩峰が聳え立っていた。

写真