レジ袋を登山靴にかぶせて渡渉

山行情報

日時:2019/12/21 天候:曇り
ランク:B-C-7:30 参加:20名
山行担当:CL 2654 SL3046、3131、2942
記録担当:文責:3637 写真:2654、3046、3131

コースタイム

ヤビツ峠(7:54)-大山(9:07)-境沢ノ頭(10:34)-札掛森の家(11:33)-ヨモギ平(13:29)-三ノ塔(14:25)-牛首(1536)-大倉(16:34)

山行記

昼の短い冬至の前日に、歩行時間7時間半のバリエーションルートを歩いた。

 朝、秦野駅に集合し、タクシーに分乗してヤビツ峠へ。準備体操後、20名の参加者を2班に分けて出発。よく整備された道を大山まで登る。下りの北尾根は鹿柵に脚立が置かれていて、それを乗り越えてコースに入る。破線ルートだが道は思ったより整備されていた。枯れ葉などで滑りやすいため気をつけながらミズヒノ頭を経由して県道まで降りていく。

札掛からは、あらかじめ用意してきたレジ袋に登山靴を入れて浅瀬の沢を渡渉した後、尾根道まで急登を登る。ヨモギ尾根は札掛から三ノ塔につながる尾根道で昭文社の地図ではコース表記されていないが、思っていたより歩きやすく危ないところもなかった。

三ノ塔からは牛首経由で大倉のバス停まで一気に下る。皆さん健脚だったが、到着はほぼ予定どおりの16時半過ぎで、既に薄暗くなっていた。歩行距離15.9㎞、登り1451m、下り1933mの充実した山行であった。

 

【CL追記】

毎年恒例となっている山行である。

天気予報は曇りのち晴れであったが,1日中曇りのため,肌寒い1日となった。

この山行のハイライトはヨモギ尾根へ登るための渡渉箇所である。

毎年渡渉箇所を探すのに苦労しているが,事前下見で,渡渉箇所を決めていた事と参加者に登山靴にかぶせるレジ袋を準備していただいた事もあり,問題もなく渡渉できた。

山行は距離が長く,また,アップダウンが多くあるが,参加者の足並みが揃い,予定通りの時間に下山できた。

この山行は,忘年山行としていたので,忘年会の会場を山行締切後,すぐに予約しようとしたが,忘年会シーズンでもあるので,中々会場が見つからずやっと12人分予約できた。

忘年会には,参加できない人も出てしまった事については,予約は早めにすべきと反省している。

今後は,山行申込備考欄に忘年会参加可否についても記述・把握して早めに予約すべきと思っている。



写真をクリックするとスライドショーになります。