三本槍岳


紅葉のトンネル 中ノ大倉尾根を行く

山行情報

日程:2020/10/19~10/20 

参加人数:12名 

天気:1日目 曇 2日目 晴 

ランク:B 

CL:1784  SL:2654 

文責者:3094 

コースタイム

1日目:沼原湿原登山口(10:20) 三斗小屋宿跡(13:00) 三斗小屋温泉 煙草屋(14:40 泊 ) 

2日目:煙草屋(7:15) 大峠(9:30) 三本槍岳(11:30 11:55) 北温泉分岐(12:20) 
    中の大倉尾根・スキー場分岐(13:30) 北温泉・入浴(14:40) 那須塩原駅(16:40)  

 

ルート図(ヤマケイオンラインで作成)

山行記

 1日目

沼原登山口でタクシーを下車。雲に覆われたを見上げれば吹き降ろしの寒風にブルッと身体が震える。絶好の温泉日和じゃないか待ってろよ!露天風呂 

準備運動で身体を温め、いざ出発!草紅葉の沼原湿原突っ切って登山道に入ると、一転して観光客もいなくなる。静かなカラマツ・ブナ林に時折、シカの鳴き声が響く落ち葉と落ち栗が続く秋深い山道だ。急坂を下って沢音が聞こえてきたら、丸太橋、岩伝いに沢をる。CL曰く「普段、渡渉する機会は少ないからよい経験よ」と、足場への的確な指示が飛ぶ。最後の渡渉地点で、沢の景色を楽しみながら昼食をとる。 

左手にひっそりした墓地が見えれば三斗小屋宿入口だ。江戸時代に、この地を通る“会津中街道”が開かれ、参勤交代にも使われたらしいまた、白湯山信仰の道としても使われ常夜灯・石仏・鳥居に名残を見ることができる戊辰戦争の際は会津軍と新政府軍山岳戦が展開され先ほどの墓地の片隅に戦死者の墓があるようだしばし、往時を偲ぶ。 

宿跡を後にして高度を上げ緑色の木立に黄色・赤色の紅葉が増えてきたら、間もなく煙草屋到着。男女交代で露天風呂を楽しむ。(水分補給後)風呂に浸かってビール片手に乾杯!「プシュッ」「ゴクッゴクッ」「プハー」山裾に目をやれば夕日の赤が、刻々との色を変えていく。曇りでなければ見られないご褒美に感謝しつつぬるめの湯に身を沈めれば極楽浄土翌朝引き湯のコポコポと注を聴きながら、露天風呂を独り占め)夕食を終え、早めの就寝。夜中に目覚め窓から見上げると流れる雲に見え隠れする星空の模様が素晴らしかった。今日の晴天に安堵し、再び布団にくるまった 

 

写真をクリックするとスライドショーになります。

2日目 

時折のぞく青空の下、皆元気に三本槍岳を目指す。ロープ伝いの岩登り渡渉経て、大峠に着く頃には、すっかり晴天稜線は冷たく火照った身体心地良い会津中新道の要衝らしく東西南北の展望が素晴らしい三本槍岳取りつき後ろを振り返えれば流石山から弧を描くような山並みが美しい。 

大峠から約2時間で三本槍岳の山頂寒さを忘れて雄大な眺望にしばし見とれる。昼食を終え、中の大倉尾根に向かう。眼前の荒々しい朝日岳、斜面を下笹原艶やかな紅葉を堪能しながら緩やかな尾根を下るスキー場分岐の辺りでは、紅葉のトンネルが続く。紅葉の合間から茶臼岳・ロープウェイが見える。急な階段を下って川音が聞こえてくると北温泉到着 

ストレッチ・解散後、露天風呂へ直行する。強張った筋肉をもみほぐ、楽しかった山行を皆で振り返る風呂上りは、勿論!「プシュッ」「ゴクッゴクッゴクッ」「プハー」 

タクシー待合わせの駐車場には、駒止めの滝(落差20m)の展望台がある。緑の中に点在する赤・黄の紅葉とエメラルドグリーンの滝壺のコラボレーションが見事 

参加者一同、温泉と紅葉を満喫した楽しい山旅であった。 

前の記事

苗場山縦走

次の記事

12月の山行案内