鶴巻温泉~大山~三ノ塔(訓練山行①/⑤)

富士山はずっと、辛かった山行を見守ってくれました

山行情報

日時:2022/12/25 天候:快晴
ランク:B-C-9 参加:45名
山行担当:CL3523 SL2956, 3198, 3389, 3428, 3452, 3465, 3489, 3561, 3564, 3686
記録担当:文責:3811 写真:3534, 3630

コースタイム

1班:鶴巻温泉7:27…8:29念仏山8:35…9:06高取山9:15…蓑毛越10:10…25丁目11:07…ヤビツ峠12:01…菩提峠12:50…二ノ塔13:40…牛首14:40…15:25大倉BS 7時間58分
〇各班の休憩を含む所要時間
2班:8時間28分 
3班:8時間30分 
4班:9時間03分 
5班:9時間08分(5班は予定の岳ノ台コースではなく二ノ塔登山口からのルートを選択)

山行記

入会して初の訓練山行

申込締切日に参加した三浦アルプス(ヤブ)で、「次は?」とお声がけいただき、急遽夜中にエントリー。ヤマレコのデータを後から見ると20km以上、獲得標高2000m以上!入会後5回目の山行。大山にはケーブルカーで登ったことはあるが。不安がよぎる。

当日は快晴。駅前には既にたくさんの人が集まっている。今回は40名以上の参加者だ。5班に分かれてすぐに出発。直後、前回山行でご一緒したHさんが「ばんちょう目指してがんばろー」と声を掛けてくれた。無事に完走することを目標としている自分には心強い!「ところでそんな山あるんでしたっけ?」それは夕方の反省会会場だった。

やる気も上がってきたところで、20分ほど先の吾妻山で班ごとに体操と自己紹介。相模湾には朝日が輝いている。大倉尾根のこんな近くにこんな眺めの良い山があったとは! その後、先頭を交代で登ることになった。Tさん、早い!登りでもグイグイ。付いていけるだろうか? そんな時、後ろから「あちぃー」「きつぃー」「ながぃー」とMさんの声援が背中を押してくれる。でも表情は余裕、さすが。周りはみんな六甲の経験者か今年エントリー予定者、強者ぞろい。

高取山、浅間山、25丁目、ヤビツ峠、岳ノ台、三ノ塔、登り下りが続く。真っ青な空に白銀の富士山!黄金色のススキを抜け、10cmもある霜柱を踏みしめ、長距離ではあるが最高の天気に恵まれ、ゴールの大倉吊り橋では夕日が真正面でまさに「栄光への架け橋」を渡り充実した山行となった。

直後は何ともなかったふくらはぎが2日、3日後に徐々に痛くなり、今後更なる訓練が必要と痛感。楽しさと共に気付きのある山行だった。



写真をクリックするとスライドショーになります。

【CL追記】

この山行は、訓練山行という位置づけでアップダウンが続く長くて厳しいコースを歩き切ることを目標に実施されています。会話もなく、苦しいルートをひたすら歩くというあまり楽しくない山行にも関わらず、多くの会員から申込みがありました。

当日の様子を見ていて、参加者は山行の意義と必要性をしっかりと理解されていると感じました。そして、山行が終わって何かしら発見があったと思います。

どの地点で自分はどうなるのか-まだ大丈夫? もう限界? ご自身の体からの声を聴く-この山行が、そんな貴重な時間になっていたらいいなぁと思っています。