尾根筋に出た。難所が多く危険という警告があった。

山行情報

日時:2019/10/04 ~ 2019/10/05 天候:晴れ ランク:C-C-8:00 参加:4名
山行担当:CL2247 SL2984
記録担当:文責:3465 写真:3155、3465

コースタイム

尾ノ内沢駐車場6:30…8:05油壷…8:30地獄岩…9:20シメナワ場…10:00竜神神社奥宮10;1…10:40西岳11;00…11:20竜神神社奥宮…12:30地獄岩…12:50油滝…14:30駐車場

山行記

4日は移動日。13時に海老名集合、車にて泊地の尾ノ内渓谷駐車場へ。

5日、朝5時起床、6時半に出発。両神山の八丁尾根は過去数回歩いたが、西岳に至る今回のコースは初めてなので期待が高まる。駐車場を出発してすぐの吊り橋を渡るといよいよ沢沿いの歩きが始まる。道がわかりづらいところが多いがピンクテープを探しつつ、渡渉、高巻きを数回繰り返し約1時間半で油滝に。清涼感が心地よい。

一息入れてジグザク道を少し登ると地獄岩、さらに崩れたトラバースを含め悪路を進むとシメ張場に到着。ここから徐々に痩せ尾根の急登が始まるが、これがかなりの勾配。帰りはここを下るのかと不安が頭をよぎる中、四つん這いになって根っこや草、鎖を頼りに息も絶え絶え足を上げ続けていくと漸く竜神神社奥宮の祠のある八丁尾根のコルに。

ここからも気が抜けない鎖場のアップダウンを繰り返し10時40分目標地の西岳に到着。前方には私の挑戦を待っているかのような赤岩尾根の連なりが見える。

帰りは往路をそのまま引き返す。登りで不安に思った急勾配の下りではさすがに緊張を強いられ、冷や汗と脂汗でぐっしょりになりながらも14時30分無事駐車場に到着した。高低差約1100m、所要時間8時間の大満足の山行であった。

【CL追記】

地獄岩の下部は奥行き5~6mの空洞になっており中に人が10人位は入れる

全般に踏み跡は薄くルートミスに注意を。竜神神社奥宮直下は50m位の鎖場を直登となる。



写真をクリックするとスライドショーになります。