神奈川の古拙大雄山最乗寺から明星ヶ岳へ登り、晩秋の箱根外輪山稜線を歩くミニ縦走。変化と眺望を楽しんだ。

山行情報

日時:2019/11/29 天候:晴 ランク:A-B-6:50 参加:17名
山行担当:CL2459 SL1890,3439
記録担当:文責:2459 写真:2459

コースタイム

大雄山駅ー8:10道了尊…最乗寺8:35…9:40明神岳見晴小屋9:45…10:09神明水…11:24明神ヶ岳11:50…12:23明星ヶ岳12:33…14:44林道合流点…塔ノ峰登山口…15:11塔ノ峰15:20…16:01阿弥陀寺16:12…16:40箱根湯本駅

山行記

バス停、道了尊を下車、大雄山最乗寺は「開創以来六百年の歴史を持つ関東の霊場、境内山林130町歩、老杉茂り霊気は満山にみなぎる」とパンフに記されている、凛としたお寺だ。日々の御礼と安全登山を祈り、東側の明神橋を渡り、登山開始した。

登り初めはやや急坂で台風禍で少し荒れているがさほどではない。直立した杉林、落葉樹、草原と変化がある道を登り、林道を2度横断すると見晴小屋に着く。小屋は老朽化が激しいが前にあるベンチで休める。

先に進むとゆるやかな登山道になり、紅葉と左手に小田原が見え、快適な陽だまり歩きになる。その先に進むと神明水が差し込まれたパイプから流れ出ている。頂上近くに差し掛かると昨夜の雪が残り、青空、紅葉、青葉、薄雪が織りなす美景が楽しめた。

明星ヶ岳頂上では雪化粧の富士山、そして金時山、箱根山、噴煙している大涌谷の雄大な景色が見られた。食事を済ませ、ゆるやかな尾根道を明星ヶ岳へ向かう。草原、笹竹、杉林、落葉樹、そして眺望を楽しみながらドンドン下る。明星ヶ岳は眺望が良くないがその直下の平場は休憩ポイントだ。

さらにドンドン進み舗装道路に突き当たると左折すれば、塔ノ峰登山口へ着く。登山道からは大山が形よく見える。塔ノ峰頂上は近い。小休止し、阿弥陀寺へ下る。阿弥陀寺でトイレを借用して箱根湯本駅へ下る。明るいうちに無事下山完了し、変化と眺望と天気に恵まれた山行だった。



写真をクリックするとスライドショーになります。