戸隠西岳(プチバリ)


P1尾根の蟻の塔渡付近。八方睨の蟻の塔渡(10m)よりも短く幅も広い

山行情報

日時:2020/10/06 ~ 2020/10/08 天候:曇り
ランク:D-C-11 参加:7
山行担当:CL2984 SL2900,3060
記録担当:文責:3418 写真:2984ほか

コースタイム

1日目 東戸塚駅8:00-戸隠キャンプ場15:00
2日目 戸隠キャンプ場04:30-鏡池駐車場05:09-天狗平06:15-望岳台06:57-熊の遊び場08:20-無念の峰09:02-ハシゴ(危険個所)09:10-蟻の塔渡09:20-不帰ノ嶮09:25-第1峰(P1)10:09-西岳10:52-西岳キレット11:35-本院岳11:50-八方睨14:25-剣の刃渡14:40-蟻の塔渡14:45-百間長屋15:45-奥の院登山口16:47-隋神門17:05-鏡池駐車場17:35
3日目 戸隠キャンプ場08:30-東戸塚駅14:30 

コースマップ

西岳本院周回

山行記

2020年10月7日

秋の戸隠。紅葉を愛でながらの山行だが厳しい場が続破線ルートを行く。鏡池か第1峰(P1)、西岳、本院岳を通り八方睨から蟻の塔渡を下周回コース 

朝3時半起床。鏡池へ移動して5時出発。CLから「熊に注意、切れ落ちている斜面に注意」と指示が出る。熊避けに笛を鳴らしながら先ず200m下る。沢沿いを歩き3度の渡渉は難なくクリア出来た天狗平を過ぎるといよいよP1尾根の取り付き急登に喘ぎながら登って行くと所々できつい獣臭が漂うするとトグロを巻いたホヤホヤの大きな落とし物が慌てて笛を吹き先へ進む。 

望岳台からは鎖場と痩せ尾根の急登の連続。鎖は頑丈で太くて重い。時たま行く方向を見失うが鎖に導かれる。無念の峰の先で5mの垂壁を下るP1尾根の核心部だ2mトラバースした先に梯子があるがそこまでの足場が乏しく難しい。メンバーの一人が足を滑らして鎖に宙ぶらりんとなったが、確保器を鎖に繋いでいたので事なきを得た地図に危険マークの箇所。ここが一番怖かった。続いてすぐに蟻の塔渡。ちょうどガスも湧いてきて高度感もなく通過。またすぐに20mの垂壁、不帰ノ儉が立ちはだかる。ここは足場が効いていて慎重に登れた 

ようやくP1到着。ここからは稜線歩き。しばし緊張がほぐれ綺麗な紅葉に癒される。西岳を越えるとキレットの下りが始まる。ほぼ垂直で足元が見えにくい。一歩一歩慎重に下りる本院岳から八方睨までは300m下って200mの登り返し。登山道は笹薮が茂って滑りやすく気を使うため体力を消耗する 

見晴らしの良い八方睨休憩。眼下にこれから行く蟻の塔渡の全容が見渡せチムニーを下り剣の刃渡へ。ここは恐る恐る馬乗りになって突破。続いて蟻の塔渡こちらは迷わずエスケープルートへ。ここまで9時間難所を幾つも越えて来てヘトヘトだ。安全第一。 

先の下りも息つく暇もないほど鎖場が続、ただ黙々と慎重にひたすら下る。静かな奥社でお参りして17時に鏡池にとても充実した長い長い1日だった 



写真をクリックするとスライドショーになります。

CL追記

戸隠連峰の紅葉は始まったばかりで、盛りは10日程先のようでした。それでもP1~八方睨みの稜線歩きは紅葉に浸るような絶景でした。晴れていたらもっと紅葉が映えて綺麗だったはずです。 



ビデオ

戸隠 剣の刃渡りを進む