2020/10/10~12 山形 前川大滝沢


 

 

日本の滝100選の「大滝」120m

山行内容

山行情報

・日時:2020年10月10日(土)~10月12日(月)
・ランク: D-D-8
・参加者人数合計:10名
・山行担当:CL 3339 SL3389 SL3623
・文責:3224             
・写真担当:3339、3224 、3418、3623

コース概念図

コースタイム

・10/10 JR海老名駅10:00≡滑川温泉福島屋15:50
・10/11 滑川温泉入渓7:50…大滝8:45…Y字滝12:20…薬師森分岐15:45…姥湯温泉16:25
・10/12 姥湯温泉枡形屋8:30≡JR海老名駅17:50

山行記

前川大滝沢を意識したのは2年前。美しい沢であることが話題になった。しかし、その頃の私はまだ沢歩きが怖く参加する自信が無かった。向いてないのかなと思う時期もあったが、歩き続けていて良かった。この沢は入渓から絶えず美しい滑と滝が連続する見どころ満載の素晴らしい沢だった。

1日目
雨の海老名駅に集合。翌日は天候が回復することを祈りながら東北道で山形へ。到着宿福島屋は古びた佇まいのなんとも風情がある温泉宿だ。渓谷添いの素晴らしい温泉と米沢牛が付いた美味しい食事。宿選びにもリーダーの拘りが感じられる。いつになくリッチな環境に少々戸惑いつつも思う存分旅行気分も味わった。

2日目
早朝より車を1台姥湯温泉へ移動して頂きいざ滑川温泉より入渓。この日も朝から雨が続いているが午後に止むことを信じ遡行開始。早速美しい滑沢や滝が現れる。岩の色も独特で薄い茶色や白い岩が多い。1時間程進むと現れたのは滑川大滝。落差100m以上あり、日本100滝にも選ばれている有名な滝だ。羽衣状に広がる沢の流れが巨大なカーテンのように見える。当然のことながら大滝を巻き、更に遡行を続けると紅葉が濃くなってくる。雨は相変わらず降っているが、途中の釜を泳ぎながらへつった後はあまり気にならなくなった。気のせいか水もそんなに冷たくないなと思っていたところ、上流で温泉が湧いており気持ち温かくなっているとのことだった。次第にクライミング要素も高くなりリーダーが度々ロープを出してくれる。

12:20ついに本日の核心部であるY字滝と対峙。ここではプカリというザックを浮き輪替わりにする方法で泳いで深い釜を抜ける。まずはリーダーが釜にダイブし、滝のたもとからロープを張ってくれる。後はそのロープを使ってプカリ体制となった所で泳ぎながらロープを引っ張ってもらう。いざ自分の番となるとひっくり返ったりしないかドキドキ。ザックはきちんと浮き快適だった。その後も核心は続く。Y字滝を遡行するのだ。リーダーがリードで張ってくれたロープをプルージックで登る。雨で水量が多く滝のしぶきでびしょびしょになったがフリクションもよく、安心して登ることが出来た。気が付けば頭上につり橋が。その後は大滝沢から離れ薬師森を経て姥湯温泉へ。今晩の宿は山形県随一の秘湯姥湯温泉枡形屋は見事な渓谷と紅葉に包まれた秘境の宿だ。美味しい食事で祝杯を上げ温泉を堪能した。

3日目
朝から露天風呂のハシゴし、温泉から紅葉を楽しんだ後出発。途中峠駅で新幹線を見送り、帰路についた。今回はGo Toトラベル、地域共通クーポン券も利用したとってもお得な山行でもあった。

写真

1日目 10/10(土)小雨

2日目 10/11(日)小雨

3日目 10/12(月)小雨

動画

y字の滝 再生すると音が出るのでご注意を!